明日香村の岡寺/紅葉見頃です。

 

奈良県高市郡明日香村岡にある寺院・岡寺。

天武天皇の皇子・草壁皇子の住んだ岡宮にて養育されていた義淵(ぎえん)僧正が創建したと伝わります。

 

岡寺 紅葉

本堂に安置された本尊・如意輪観音像は日本最大最古の塑像(そぞう)観音像となります。

※塑像・・・紙粘土または粘土を素材とした日本の歴史的な仏像彫刻。

 

モミジはちょうど染まり始めたようで、見頃を迎えていました。

 

岡寺の三重塔 紅葉

御影石(みかげいし)の基壇に建つ三重塔。

お墓などには御影石が多く使われています。加工がしにくいのですが、硬く風雨にも強く、特に屋外の場合は耐久性の面からも使用されることが多いです。

 

三重塔周辺の樹々は赤く色づいていました。

三重塔奥にある展望所からは飛鳥の地を見渡すことができ、素晴らしい眺めです。

 

岡寺 紅葉

仁王門より本堂奥まで歩き振り向くと、

遠方に見える山々を望むことができます。

 

岡寺 紅葉

可愛らしいお祈りをする石仏。

 

本堂前にある龍蓋池。

付近の農地を龍が荒らしたことから、岡寺を創建した義淵(ぎえん)僧正が龍を閉じ込めたと伝えられています。

 

本堂よりさらに奥に進むと、奥之院石窟があります。腰をかがめながら石窟(せっくつ)を進んでいくと石仏が安置されています。

 

岡寺のある明日香周辺は、見どころも多く、飛鳥駅にて自転車をレンタルするか、小型電動自動車などをレンタルすると良いかもしれません。

1983年に極彩色の壁画が発見された国営明日香歴史公園・キトラ古墳では、子供から大人まで楽しめる体験工房もありますので、ぜひコースに入れてお立ち寄りください!

 

【撮影日】 2018年11月23日(金)
【訪問地】 岡寺 高市郡明日香村岡806
【拝観料】 一般400円、高校生300円、中学生200円、小学生以下無料
【拝観時間】8:00 ~17:00(12月~2月 8:00~16:30)
【駐車場】 駐車場有(無料駐車場は対向車が来た場合、すれ違うことができない細い道があるため民営の駐車場がおすすめです)
【アクセス】近鉄 橿原神宮前駅の東口より奈良交通バス「岡寺前」下車、徒歩5~10分。またはタクシー。

その他写真ブログ 京都風景写真