Photoshop 写真に写ったゴミやホコリを削除してみよう!

 

旅行から帰ってきて、撮影してきた写真を楽しんでいたら

澄んだ青空にカラスが・・・

 

なんてこともありますよね。(笑)

 

特に広角レンズを使用していると

ホコリに気づかず撮影を続けてしまうこともあります。

 

今回は、

そのようなホコリをPhotoshopでカンタンに取り除ける「修復ブラシツール」を使ってみたいと思います。

 

サンプルとして実際にゴミが写り込んでいる写真を使ってみます。(右上赤丸箇所)

 

まず修正したい画像をPhotoshopで開きます。

ゴミの消し方はいくつか方法がありますが、

まずは「修復ブラシツール」を使って削除してみましょう。

 

拡大画像

 

まず左側にある赤枠「修復ブラシツール」を長押しして「修復ブラシツール」を選択します。

※左側にメニューが表示されていない場合は、ヘッダーメニュー(上部メニュー)右から2番目の「ウィンドウ」の中にある「ツール」をクリックすると表示されます。

 

「修復ブラシツール」を選択したら、左上赤丸内の小さな▼マークをクリックします。

ゴミの大きさに合わせて、筆の直径を調整してみましょう。

その他の機能は、慣れてきてからで良いと思います。

 

【表示されたメニューの機能説明】

1.直径

写真上で修整するときの筆の太さになります。

細かな作業、小さなゴミの時は、直径を小さくします。

 

2.硬さ

筆の硬さの値。「デフォルト(初期値)」は100%で、輪郭のハッキリしたブラシとなります。

 

3.間隔

マウスをドラッグしたまま移動させた時に筆が1本の線になるか点線になるかの間隔調整となります。

 

4.角度

ブラシの先の角度

 

5.真円率

ブラシ先端の形を指定するもの。小さい数値(0%)にすると直線となる。

 

6.サイズ

タブレット使用時の筆圧の大きさを変更するもの。

筆圧を制御するには、筆圧を感知するタブレットが必要。

 

7.円と十字の図

4番の角度と5番の真円率は、直接数値を打ち込む方法と、図を動かすことで調整が可能となります。

 

「修復ブラシツール」を選択すると、上の写真矢印のように丸いアイコンが現れますので、ゴミ付近の色の上で「Altボタン」を押しながら、マウスでクリック。クリックした場所の色がコピーされます。

ちなみに写真の上で「Alt」キーを押すと、十字のマークが現れます。

 

「Alt + クリック」をした場所の色がゴミの上に重ねる色となりますので、ゴミのある箇所の背景色に合わせてコピーすることも重要です。

 

「Alt」キーから指を離し、消したいゴミの上で左クリックをすると、先ほどコピーした色が貼り付けされます。一度で消しきれなかった場合は、何度かゴミの上でクリックをすればOK。

 

↓ ↓ ↓ ご覧の通り、ゴミを削除することができました!

ゴミの削除を行った後は上書き保存をせず、できるだけ「別名で保存」しておくと安心です。

 

.

その他写真ブログ 京都風景写真