リコー GR Ⅳ の気になる点。。。Vol.3

 

リコーの人気デジカメ「GR Ⅱ」の価格が 59,000円台(2018/9/27)に下がってきましたね。2ヶ月前は71,000円前後でした。

 

過去のリコーのGRシリーズは、おおよそ2年周期で新モデルが発売されていて、現行モデル「GR Ⅱ」は、2015年7月に発売、すでに3年以上が経過しています。





そろそろ新型か!・・・と期待される中、

新型の高級コンデジ「GR Ⅲ」の開発を発表!!!

 

少しだけスペック紹介しますと

手ブレ補正搭載、センサーゴミ除去機能、AF速度の向上、タッチパネルが搭載されるとのこと。

 

この数か月で価格が大きく下がってきたのも、新型「GR Ⅲ」が影響もあるのでしょう。

発売は2019年春くらいとのこと。

たのしみですね。

 

 

さて今回はリコーのGR-Ⅳを使ってみて気になった点をご紹介いたします。

 

とは言ってみたものの

購入してから3ヶ月ほど使ってきましたが、満足度の高いカメラというのが本音です。。。

 

特に感じているのは、マクロ(接写)時のピントの合うスピードが速いということ。

いままで各メーカーのコンパクトデジカメを使ってきましたが、機種によってはピントが合いにくく、マクロ撮影を諦めることもありました。マクロ時のAFスピードには驚かされます。

マクロレンズをお持ちでなければ、一眼レフとGRを持参して、接写時はGR、風景を一眼レフにしても良いかもしれません。

 

マクロ写真はこちらの記事にアップしてありますので、ご覧ください。

 

 

他にも良い点はたくさんあるのですが、

とりあえず気になった点をいくつか取り上げてみたいと思います。

 

まずはコレ ↓ ↓ ↓

ノートパソコンであれば問題のない短いUSBケーブル。(;^ω^A

デスクトップをメインに使用している人には、この約50cmのコードは短すぎ。。。

個人使用ではノートパソコンが主流ですから、ある意味仕方がないですかね。

ちなみに私はデスクトップで作業・・・短っ(笑)

 

 

次にあげるとすればコレ ↓ ↓ ↓

任意の場所にピントを合わせるときは、画面中央下(上写真)の十字矢印を天地左右に動かさないといけないのです。タッチパネルに慣れてしまうとコレは少し面倒に感じます。

 

この面倒な「十字矢印」にも良い点があって、ピント位置の細かな調整ができること。タッチパネルの場合、指がパネルに触れる面積が広いので、本当に合わせたい所に合っているのか不安になるときがあります。

 

今度の新型「GR Ⅲ」にはタッチパネルが搭載されますので、、AFスピードもさらに速くなって使い勝手もさらに良くなりそうです。

 

細かな調整ができる「十字矢印」機能を残して

「タッチパネル + レバー調整」

操作ができるようになっているといいですけどね。。。

 

 

気になる点3つ目ですが、

撮影した写真がすべて同じフォルダに保存されてしまうこと。

 

メーカーによっては撮影月別にフォルダが自動生成され、管理・確認がしやすい状態になります。これらの機能があるデジカメを使った経験がある場合、リコー GR Ⅳ の保存フォルダは少し使いづらく感じてしまいます。

 

 

さて「GR Ⅳ」の気になった点を取り上げてみましたが、

性能、画質は大変満足できるモノになっています。

 

「欠点のないところが欠点」

と言っても過言ではありません。

 

 

おそらく多くの方はズーム付のコンパクトデジカメをお持ちかと思いますので、これからコンパクトデジカメ購入を予定されている方は、単焦点の{GRシリーズ」を選択肢の一つとして検討してみるのもオススメです。

必要に応じて、ズーム付コンパクトデジカメとGRを使い分けていくと撮影が楽しくなると思います!

 

過去のGRレビューもぜひご覧ください。

GR DIGITAL Ⅳ レビュー Vol.1

GR Ⅳ 覚えておくと便利な機能 Vol.2

 

【メーカー】RICOH (リコー)

【機種】GR DIGITAL Ⅳ

【焦点距離】28mm

【F値】F1.9

【シャッタースピード】180~1/2000秒

【撮影感度】ISO80~3200

【デジタルズーム】4倍

【撮影枚数】390枚

【最短撮影距離】30cm(標準)、1cm(マクロ)

【手ブレ補正機構】イメージセンサーシフト

【価格】中古22,000円~32,000円前後(2018年9月28日現在)

その他写真ブログ 京都風景写真