あったか~い、ハクキンカイロ!

ハクキンカイロ

街を歩いているとポケットティッシュに代わりポケットカイロが配布される季節になりましたね。ただ使い捨てカイロは軽くて便利な反面、封を開けたら一回きり。

 

使い捨てカイロの温かさの持続時間はおおよそ10時間。少し長持ちさせたいのであれば、空気中の酸素に触れさせないようハンカチなどに包んでおけば長持ちします。使い捨てカイロはチャック付の袋に入れることで発熱を一時ストップさせることも可能です。





 

そんな中、冬山に使えそうなカイロを探していたら、ありました!見つけました!
カイロの王様 ハクキンカイロ」。コンパクトで環境にもやさしい。しかもハクキンカイロの熱量は使い捨てカイロの約13倍!!

 

ハクキンカイロは1923年に発明されたようで、かなり昔から売られていたのですね。知らなかったです。。。雪山登山用に、私も購入してみました。

 

見た目は重厚感があり重そうですが、非常にかるいです。銀色に輝くハクキンカイロ本体を付属の袋に入れてもなんと82g

 

しかも燃料はわずか25ccのベンジンを入れるだけ。最大24時間も保温できる低燃費設計になっています!!

 

ハクキンカイロ

↑ 使い方はカンタン。ハクキンカイロに同梱されているピンク色の計量カップ(写真左)とベンジン(最初なので純正にしました)を用意。

 

ハクキンカイロ

↑ ハクキンカイロ本体の上部フタを取ると火口(赤矢印)が現れますので、これを引き抜きます。抜いた穴の中にピンク色の計量カップを入れます。

 

ハクキンカイロ

↑ ピンク色の計量カップに目盛りが付いています。上が温かさを12時間継続させるためのライン、下が6時間になっています。

 

24時間継続させる場合はカップ2杯。それ以上はいれないこと。ベンジンが漏れ出て火口が湿ってしまい、反応が起きなくなります。

 

目盛りに合わせてベンジンを入れた後、計量カップを本体に対して直角に回すと(上写真右)ベンジンを流し込む小さな穴が現れ、本体に流れていきます。慣れないと計量カップを回した時に揺れてこぼれるので注意が必要です。

 

ハクキンカイロ

↑ あとは火口をハクキンカイロ本体に戻して、赤い矢印あたりをライターまたはマッチで3秒ほどあぶります。あとはフタをして袋に入れて温かくなるのを待ちます。

 

ハクキンカイロは、ベンジンの気化ガスがプラチナと接触して発熱する化学原理を利用。ライターやマッチは化学反応に必要な温度を与えるために使用しています。

 

ベンジンに火をつけて燃やしているわけではないので安全です。

 

保温24時間!ハクキンカイロ

 

撮影、釣りなどのアウトドア始め、ゴルフや寒い冬の通勤・通学にも重宝しそうです。またすべての交換部品が用意されているので、大事に使用すれば一生使えるかもしれないですね。

 

早急に手を温めたい時などにハクキンカイロを袋から出してしまうと、冷たくなっていきますのでご注意を!

気象条件にもよりますが、山登りの登りでは歩いているだけで暑くなりますので、主に山頂でのランチや下山するときに重宝しています。

 

腰のあたりでハクキンカイロがピタッと固定できるカイロベルトも販売されているようなので、検討してみたいと思います。

 

ベンジンの臭いが気になる方は、締め切った車の中や部屋では、チャック付の袋に入れて発熱を止めておくと良いかもしれません。ぜひお試しあれ!

【商品名】ハクキンカイロ
【サイズ】68×101×15(mm)
【付属品】カイロ本体、カップ、袋、説明書
【定 価】3,650円(税込)
(2018.01.17現在)

Amazon 保温24時間!ハクキンカイロ

その他写真ブログ 京都風景写真