燈花会

奈良の夏の風物詩、燈花会が開催されています。

燈花会は1999年に始まり、毎年8月の10日間奈良公園一帯を優しいろうそくの灯りで照らします。
年々盛大になり、ろうそくの数は2万本を超え、観光客も約90万人訪れます。

夕暮れの興福寺五重塔もいい感じです。

夕暮れの興福寺五重塔もいい感じです。

燈火とは灯心の先にできる花の形をしたロウの塊のことで、仏教において縁起のいいものとされていて、そこから名付けられています。とても素敵ですね。

だんだん日が暮れてきました。

だんだん日が暮れてきました。

一番人気のある浮御堂へ。

1番人気のある浮御堂へ。

1300年前に都として栄えた奈良。
世界遺産の広大な自然の中に古の面影を感じることができます。
この日は東大寺、春日大社では行われていませんでしたので残念でした。
日程によってエリアが違うところもあるみたいです。

三脚を立てて写真を撮る方も多くて混雑していました。一方通行です。

三脚を立てて写真を撮る方も多くて混雑していました。一方通行です。

浮見堂には入ることはできず、外から綺麗に写真が取れるようになっています。

浮見堂には入ることはできず、外から綺麗に写真が取れるようになっています。

この日は東大寺エリアは燈花会を実施していなくて残念でした。

この日は東大寺エリアは燈花会を実施していなくて残念でした。

たくさんのろうそくが灯るととても綺麗です。

たくさんのろうそくが灯るととても綺麗です。

運営は「なら燈花会の会」が行なっていて、全員がボランティアだそうです。
当日の火付け点灯、片付けなどを行う「登録サポーター」は一日あたり300名以上が参加して行われています。

ろうそくは鹿が食べてしまっても安全な天然由来のものを使用しています。
広大な奈良公園は街灯が少なく暗いので、ろうそくのほのかな明かりがより一層映えます。

露天なども出ており、とても賑わっています。
奈良の夏の風物詩としてしっかり定着していますね。

興福寺五重塔。ライトアップされていて幻想的です。

興福寺五重塔。ライトアップされていて幻想的です。

燈花会
【期間】2020年の詳細はWEBページへ

関連記事

  1. 興福寺から元興寺とならまち散歩

  2. 興福寺二月堂からの夕焼け

  3. 大和文華館の梅

  4. 円成寺の池に映る紅葉

  5. higashiikomasutation

    東生駒駅 の周辺環境 / 近鉄奈良線

  6. 奈良 世界遺産 / 東大寺

    東大寺 / 奈良 世界遺産 大仏は金メッキで輝いていた。

  7. 海龍王寺、平城宮跡とコナベ古墳とコワナベ古墳めぐり

  8. 喜光寺の蓮の花

  9. 金剛山 ハイキングコース

    金剛山ハイキング ( 登山 )

京都のホテル

奈良のホテル

  1. 国宝と重要文化財の違い

    「国宝」と「重要文化財」の違い。 国宝の多い都道府県は?

  2. ほとけの履歴書 薮内佐斗司

    【おすすめ本】ほとけの履歴書 藪内佐斗司 レビュー

  3. よみがえる恭仁京 スペシャルサイト 動画配信

    【2/20~ 特別配信!】よみがえる恭仁京 スペシャルサイト

  1. 一眼レフ and ミラーレス 屋外で面倒なレンズ交換を素早くする方法

  2. リコー GR と GR Ⅳ は、中古で買うならどちらが買いか? レビュー

  3. EOS 5D Mark Ⅳ 背面の クイック設定ボタン の使い方

  4. 【中級編】雨の日も写真を楽しもう! 岩船寺でアジサイ撮影

  5. 一眼レフ の 『 ミラーアップ撮影 』機能の使い方