京都で開催された自転車レース!「 ツアー・オブ・ジャパン in 京都 」

2019年5月20日(月)、

京都にて自転車ロードレース「 2019 ツアー・オブ・ジャパン 第2ステージ」が開催されました。コースは1周16.8kmで、京田辺市、精華町、けいはんなプラザを周回、6周します。

↑ けいはんなプラザ前のイベント会場。多くの人で賑わっていました。

↑ スポーツバイクに関連したメーカーの出店やグッズ、軽食なども販売されていました。

「けいはんなプラザ」前の歩道で待っていると、選手たちがものすごいスピードで駆け抜けていきます。

↑ 配布されていたコース表。

第2ステージの結果は

トップにエイデン・トゥーベイ選手、2位が奈良県出身の入部正太郎選手となりました。

自転車ロードレースは、順位を競う個人競技でもありますが、チームで闘うスポーツでもあります。チームの中で一番力のある人が勝てるように走るチーム力も重要です。

チーム(6人)の中の1人が優勝すれば、チームの評価は最高ランクになり、またチームの最高成績の選手が下位であれば、評価は低くなるというルール。

↑ これは自転車業界最大手とも言われるGIANTのスポーツバイク。カッコいいですね。

通常、自転車のフレームは溶接されているのですが、上写真のモデルは溶接跡のない剛性の高いフレームになっています。

タイヤを見てみると、

タイヤゴムとスポークの間に黒い縁がありますね。これはハンドリング性能と空力性を高めるためのホイールでカーボンで出来ています。

スポーツバイクも高いものだと1台100万円を超えるものもあり、いろいろイジッていると数百万円を軽く超えてしまうそうです。

驚きですね。。。

自転車で訪れている人もたくさんいました。

京都、奈良の山道を車で走っていると、実に多くの方がスポーツバイクを楽しまれているのがわかります。

明日より「いなべ(5/21)」⇒「美濃(5/22)」⇒「南信州(5/23)」⇒「富士山(5/24)」⇒「伊豆(5/25)」を終えて「東京(5/26)」がラストコースとなります。

フランスで行われる世界最大のロードレース「ツール・ド・フランス」は、総走行距離がなんと約3500km。一般道路を閉鎖して、誰もが無料でレースを楽しむことができるフランスの大イベント。

まだまだ国内では、認知度の低いロードレースですが、今後、サイクルスポーツは伸びていくような気がします。安心して走れる道路を整備して、日本1周3000kmレースが実現したら楽しそうですね!

興味のある方は、ぜひ公式ホームページをご覧ください。

⇒ http://www.toj.co.jp/stage

【撮影日】 2019年5月20日(月)
【訪問地】 2019 ツアー・オブ・ジャパン 第2ステージ
【所在地】 けいはんな
【拝観料】 無料
【駐車場】 駐車場(近隣にあり)
【アクセス】

関連記事

  1. 嵐山散策 / 桂川 ⇒ 苔庭が美しい祇王寺

  2. 平等院鳳凰堂 / 京都 世界遺産 10円玉以外にも使われている絵柄?

  3. けいはんな記念公園 水景園 ライトアップ

  4. キャンプ場もある渓谷がきれいな府立るり渓自然公園

  5. 京都府立植物園と北山のイルミネーション

  6. 『 麺屋 じすり 』海老そば専門店 木津川市にある人気ラーメン店 

    『 麺屋 じすり 』海老そば専門店 木津川市にある人気ラーメン店 ランチはいつも行列!

  7. 北山駅 の周辺環境 / 烏丸線

    北山駅 の周辺環境 / 烏丸線

  8. 浄瑠璃寺の紅葉

  9. 京都 熊野神社 サッカー お守り 八咫烏

    サッカーのお守りで人気の『京都 熊野神社』

  10. 伏見稲荷駅

    伏見稲荷駅 の周辺環境 / 京阪電気鉄道 伏見稲荷駅

  11. 祇園祭 ”動く美術館 “と称される絢爛豪華な山鉾

  12. 木津町上水道 木津南配水池

    【京都 珍スポット】木津川市にあるバベルの塔 / 木津南配水池

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。