キヤノン いよいよフルサイズミラーレス EOS R 発売! 

 

キヤノンがいよいよフルサイズミラーレス「EOS R」を発売!

現在は、予約販売のみ10月下旬にも発売される見通しで、価格は237,000円(税別)。

 

フルサイズミラーレスボディに加えて今回は4本の「RFレンズ」も用意されています。

もちろん今までの「EFレンズ」や「EF-Sレンズ」は使用可能。





EOS Rのスペックは

 

有効画素 3030万画素

撮像素子 フルサイズ36mm×24mm CMOS

撮影感度 ISO100~40000

連写撮影 8コマ

シャッタースピード 1/8000~30秒

記録メディア SDカード、SDHCカード、SDXCカード

撮影枚数 ファインダー使用時:350枚、液晶モニタ使用時:370枚

重量 580g

その他機能 ゴミ取り機構、バリアングル液晶(可動式モニタ)、タッチパネル、USB充電、防塵・防滴、ライムラプス機能など。

 

AF(オートフォーカス)性能もアップしていて、従来のキヤノン製一眼レフやミラーレス以上に高速で高精細、追従性能も向上し、AFスピードはフルサイズカメラとして最速の0.05秒。。。

なんとEOS-5D Mark Ⅳ よりも速い。。。

 

 

そして気になるその他の機能は・・・

 

1)肉眼では確認の難しい暗所もAFでのピント合わせが可能になっている

2)電子シャッター対応で「サイレントシャッター機能」をONにすると無音での撮影が可能

3)レリーズタイムラグはEOS5D Mark Ⅳの0.058秒より速い0.050秒に

4)バッテリーはEOSシリーズの「LP-E6N & LP-E6」に対応

5)RFレンズ RF28―70mm/F2 L USM ズーム全域で絞り解放F2を実現したズームレンズの発売

6)既存のレンズが使えるマウントアダプターが用意されている。NDフィルターやPLフィルターが付属するモデル(ドロップインフィルター)もある。

このPLフィルターを装着可能なマウントアダプターは、レンズのフィルター径を気にしなくて良いので、高価なPLフィルターをいくつも購入する必要がなくなります。

7)シャッターの耐久は約20万回を達成。

公式サイトでは「電源OFF時はレンズ交換をする際のCMOSセンターへのゴミやホコリの侵入を抑えるため、シャッターが閉じる仕様を採用しています」とありました。。

文頭の「電源OFF時」というのが少し気になりますね。現在レンズ交換をするときは、わざわざ電源OFFにはしないので、もし電源をOFFにしないといけないのであれば少し面倒かも・・・慣れれば大丈夫かな。

8)Fvモード搭載

Fvモードから切り替えることなく、自由に露出変更(Av、Tv、M、ISOオートなど)が可能

 

8番のFvモードというのは、EOS初の機能にもなっていて、

Fvモードにしておくと、シャッタースピード、絞り、ISO感度を自由に変更ができる機能です。

 

これは非常に便利ですね。

 

と言うのも、一眼レフやコンパクトデジカメには「P(プログラム)」「Av(絞り優先)」「Tv(シャッター優先)」といったモードダイヤルが付いていると思いますが、これらを一つのモードで対応できるようにしたものが「Fvモード」になります。

 

たとえば

風景を絞り優先モード(Avもー)で撮影していて、急遽シャッタースピード優先に変更したいこともありますよね。その時の作業としては

Avモード ⇒ Tvモード ⇒ シャッタースピードの調整

です。

 

新しい「Fvモード」では

Avモードのまま任意のシャッタースピードに直接変更して撮影することができます。

 

いろいろと戦略もあるので仕方がないとは思いますが

正直この機能は、EOS 5D Mark Ⅳ に搭載してほしかったですね。。。(^▽^;)

 

 

ちなみに発売が予定されているレンズの価格は

1)RF24-105mm F4 L IS USM 155,000円/EOS Rに適した小型設計

2)RF50mm F1.2 L USM  325,000円/最短撮影距離は0.4mm

3)RF28-70mm F2 L USM 420,000円/ズーム全域で開放F値2の大口径標準ズームレンズ

4)RF35mm F1.8 MACRO IS STM 75,000円/重量305g

 

2019年以降は、F2.8 通しのLズームレンズなどの発売が予定されています。

 

 

軽くてコンパクトな高機能モデル、たのしみですね。

その他写真ブログ 京都風景写真