奈良公園鹿の赤ちゃん公開

春日大社の鹿の赤ちゃん公開に行ってきました。

毎年6月1日から30日まで午前11時から14時までの3時間鹿園で公開されています。
春日大社の参道に案内が出ています。

鹿園。競技場のようになっています。

鹿園。競技場のようになっています。

私が行った日に偶然赤ちゃんが生まれました!
昨年の公開中に生まれた赤ちゃんは9頭だったらしくたまたま居合わせることができて幸運でした。
雨の日の次の日に生まれることが多いそうで、この日も前日は荒天でした。
報道関係者もたくさん来られててみんなで見守りました。

ちょうど赤ちゃんが生まれました!

ちょうど赤ちゃんが生まれました!

他の鹿のお母さんもペロペロ舐めてあげています。

生まれた時は歓声が上がりました。
15分くらいで立ち上がりフラフラしながら歩き始めます。
ぴょんぴょんとても可愛いです。

他の鹿のお母さんもペロペロ舐めてあげています。

15分くらいで立ち上がります。

15分くらいで立ち上がります。

お母さん鹿がいっぱいいます。

お母さん鹿がいっぱいいます。

春日大社には鹿が1500頭いるそうで、そのうち出産する鹿は毎年300頭弱です。
子供を産んだ鹿のお母さんは赤ちゃんを守るために人が近寄ると襲いかかったりすることがあるので出産前の4月から出産後安定するまでの間鹿園で保護されています。

餌をあげることができます。

餌をあげることができます。

出産前は気が立っているのか威嚇しあったりしてピリピリしています。

出産前は気が立っているのか威嚇しあったりしてピリピリしています。

鹿の赤ちゃんは8月には奈良公園にデビューするそうです。

鹿園は春日大社参道にあります。

鹿園は春日大社参道にあります。

春日大社がそばにあります。

春日大社がそばにあります。

近くには春日大社があり、緑の中に朱色の本殿が美しいです。
参道も緑が多く長く立派です。
近くには浮見堂があり、池の周りを散策すると気持ちがいいですよ。

浮見堂も近くです。

浮見堂も近くです。

鹿の赤ちゃん公開
【場所】春日大社境内「鹿苑」
【料金】300円
【公開日時】6月1日から6月30日
【公開時間】11時から14時まで

関連記事

  1. 南都七大寺大安寺

  2. お花がいっぱいの當麻寺

  3. 豪雨の後の輝く奈良公園

  4. 海龍王寺、平城宮跡とコナベ古墳とコワナベ古墳めぐり

  5. 7月新オープンの「まほろばキッチン」

  6. 奈良 長谷寺のあじさい見頃! / 399段の登廊

  7. 天理のイチョウ並木

  8. 植村牧場のソフトクリームを堪能しました

  9. 春日山原始林 台風の爪痕