蝉(セミ)の羽化観察記録

セミ(蝉)の幼虫を見つけました!

セミ(蝉)の幼虫を見つけました!

脱皮が始まりました。

脱皮が始まりました。

セミの掘った穴にコオロギがいました。

セミの掘った穴にコオロギがいました。

目が見えてきましたよ~

目が見えてきましたよ~

白い糸のようなものが見えますが、これは呼吸をするための管です。

白い糸のようなものが見えますが、これは呼吸をするための管です。

体が半分以上でてきました。

体が半分以上でてきました。

落ちそうで落ちない。。。

落ちそうで落ちない。。。

この時点で落ちてしまうセミ(蝉)もいるそうです。

この時点で落ちてしまうセミ(蝉)もいるそうです。

足が乾燥して、自身の足でぶら下がり、羽も伸びてきました。

足が乾燥して、自身の足でぶら下がり、羽も伸びてきました。

きれいな色ですね。

きれいな色ですね。

羽が伸びきり、前足2本でぶら下がっています。

羽が伸びきり、前足2本でぶら下がっています。

少し待つ間、キャンプ場内にあるアスレチックで遊びました!

少し待つ間、キャンプ場内にあるアスレチックで遊びました!

羽の色が少しずつ茶色になってきました。

羽の色が少しずつ茶色になってきました。

4本足で体を支えています。

4本足で体を支えています。

だいぶ色も変わってきて、殻から離れて、葉に移動をしました。

だいぶ色も変わってきて、殻から離れて、葉に移動をしました。

乾燥も進み、6本足でぶら下がっています。

乾燥も進み、6本足でぶら下がっています。

ここまで至るまでの時間は、なんと5時間超!!

ここまで至るまでの時間は、なんと5時間超!!

殻は記念にお持ち帰り!!

殻は記念にお持ち帰り!!

セミ(蝉)の幼虫を見つけたので、子供と観察をしてみました。地面には土から出てきた幼虫の穴が無数にあります。その穴のひとつにコオロギが隠れ家として再利用してました。(写真3枚目)

幼虫から色が変わるまでの羽化を見るのは初めて。飛び立つまで2~3時間かなぁと考えていたのですが、なんと5時間超!!!途中、キャンプ場内にあるアスレチック場で遊びながら時間を費やし、短時間に幼虫から成虫へと変化する姿に感動しました。

セミの幼虫は、約1~5年(種によっては10年以上)を土の中で過ごします。成虫になってからが約1ヶ月、長くても2ヶ月の命なので、非常に短く感じてしまいますが、卵から数えると2~6年で昆虫としては、決して短くはないのですね。

何はともあれ、こうしてセミの羽化を観察するのは普通の人であれば、一生に数回程度。子供の記憶にしっかり残ってくれると嬉しいですね。

【撮影日】 2017年8月4,5日(金&土)
【訪問地】 宇陀郡曽爾村大字今井911-1
【利用料】 テントサイト4800円~、コテージ15000円~、バンガロー8500円~
【予約時間】 午前10時~午後5時
【駐車場】 無料駐車場あり
【アクセス】

関連記事

  1. 江戸時代の町並みにあるうのはな珈琲店

  2. 満開!砂ずりの藤 春日大社

  3. 喜光寺の蓮

  4. 奈良市街地なのに自然がいっぱい!

  5. 藤原京の蓮とおふさ観音の風鈴祭り

  6. 5/20 奈良交響楽団 第68回定期演奏会

  7. 霊山寺バラ庭園 秋編

  8. 本薬師寺跡のホテイアオイ

  9. 「煮干し中華そば 長田屋」の濃厚辛煮干し中華そばを食べて、若草山へ

京都のホテル

奈良のホテル

  1. ほとけの履歴書 薮内佐斗司

    【おすすめ本】ほとけの履歴書 藪内佐斗司 レビュー

  2. よみがえる恭仁京 スペシャルサイト 動画配信

    【2/20~ 特別配信!】よみがえる恭仁京 スペシャルサイト

  3. 国立国会図書館 関西館

    【国立国会図書館 関西館】日本に2か所しかない国立国会図書館 中央…

  1. 一眼レフ and ミラーレス 屋外で面倒なレンズ交換を素早くする方法

  2. リコー GR と GR Ⅳ は、中古で買うならどちらが買いか? レビュー

  3. EOS 5D Mark Ⅳ 背面の クイック設定ボタン の使い方

  4. 【中級編】雨の日も写真を楽しもう! 岩船寺でアジサイ撮影

  5. 一眼レフ の 『 ミラーアップ撮影 』機能の使い方