正暦寺の紅葉/日本清酒発祥之地

奈良市菩提山町の正暦寺に行ってきました。

奈良市菩提山町の正暦寺に行ってきました。

右手奥に見えるのはイチョウの木。鮮やかな色に染まるモミジとの共演です。

右手奥に見えるのはイチョウの木。鮮やかな色に染まるモミジとの共演です。

正暦寺のお寺周辺の紅葉もオススメです。

正暦寺のお寺周辺の紅葉もオススメです。

美しいですね。。。

美しいですね。。。

色が変わり始めたばかりの青モミジ。

色が変わり始めたばかりの青モミジ。

青い葉の残るタイミングも見応えがあっていいものですね。

青い葉の残るタイミングも見応えがあっていいものですね。

早朝は雨がパラつきシットリ。。。

早朝は雨がパラつきシットリ。。。

奈良市菩提山町(ぼだいせんちょう)にある正暦寺。

紅葉の名所として知られたお寺で、周辺も自然豊かな環境で素晴らしい景色が楽しめます。この日は雨のぱらつく天気のなか、しっとりとした雰囲気もまたいい感じでした。

ここ正暦寺は、境内を流れる菩提仙川の清流を使って「菩提泉」という銘柄の清酒が日本で初めて醸造された所との伝承もあり、「日本清酒発祥之地」の碑が建っています。

実は「清酒発祥の地」の碑は、兵庫県伊丹市と奈良県奈良市の2ヵ所あり、いまでも「称号」をめぐり互いに譲らない、譲れない情勢となっています。というのも世代問わず「清酒離れ」が進んでいて、清酒の販売量も落ち込んでいるからだそうです。

とは言え、互いに良い清酒をつくっていることを発信して観光PRにつなげるねらいもあるとか、ないとか???

正暦寺・福寿院では、日本酒を購入することもできますので、ぜひこの機会に覗いてみてください!

【撮影日】 2018年11月13日(火)
【訪問地】 正暦寺 奈良市菩提山町157 TEL 0742-62-9569
【拝観料】 大人500円、小学生200円
【拝観時間】9:00 ~17:00(12月~2月は午後4時)
【駐車場】 駐車場有(11/3~12/2まで交通整理協力金500円)
【アクセス】秋の紅葉シーズン(11月中旬~12月初旬)は、JR・近鉄奈良駅から正暦寺行臨時バス有

関連記事

  1. 正暦寺 紅葉

  2. 明日香の棚田と壺阪寺

  3. 若草山の夕景

  4. the UNIT takeaway (ユニット テイクアウェイ)

    the UNIT takeaway ユニット テイクアウェイ

  5. 蝉(セミ)の羽化観察記録

  6. 年に一度の鹿の角きりへ

  7. 2万本の梅が咲く賀名生梅園

  8. 般若寺のコスモス

  9. 金魚すくい道場こちくや、HAMP3rd

  10. 奈良 松柏美術館 / 美人画を描いた上村松園、松篁、淳之と3代続く日本画を展示

    奈良 松柏美術館 / 美人画を描いた上村松園、松篁、淳之と3代続く日本画が展示されています

  11. 2万個のロウソクが奈良公園を照らす「なら燈花会 8/5~」

  12. 下北山スポーツ公園キャンプ場.fw

    【奈良キャンプ場】下北山スポーツ公園キャンプ場はサッカー合宿でも有名なキャンプ場。バンガローやコテージの予約はいつから?池原ダムでのバス釣りも人気♪ レビューブログ