樹木のなまえ モミ マツ科

【2019年9月9日更新】

今回、ご紹介するのは常緑針葉樹の「 モミの木 」。

暖かい気候を好み、日本海側には少ない針葉樹で、大きなものだと40mにも達します。

↓↓↓ これがモミの木 ↓↓↓

針葉樹は見分けるのが難しいですよね。

水平に張り出された枝も特徴のひとつ。

↑ 葉の表面はツルツルとしていて、枝にはらせん状(うずまき状)に着きます。葉は硬めなので、先端に指先で触れると痛みを感じます。

↑ モミの木の枝。

樹皮は鱗(うろこ)状に割れた感じになっています。

雄花(おばな)や雌花(めばな)、球果は撮影でき次第、アップしていきます。

【名称】モミ
【花色】4~5月に黄色い房状の小さな雄花が前年枝に咲く
【樹高】10~18m。大きいものは40mにもなる。
【樹皮】鱗(うろこ)状
【原産】日本特産種
【分布】秋田県以南、四国、九州
【分類】マツ科モミ属
【撮影】京都府立植物園

関連記事

  1. 毎月21日は、東寺の弘法市(骨董市)

  2. 宇治上神社 本殿

    宇治上神社 / 京都 世界遺産

  3. 紅葉をめぐる京都旅行 1日目

  4. 京都府立植物園と北山のイルミネーション

  5. 霧かかる渡月橋から小倉山へ

  6. 平安神宮と南禅寺、哲学の道、安楽寺の散策コース

  7. 京都府立植物園の薔薇

  8. 興福寺 五重塔

    興福寺 / 奈良 世界遺産

  9. 京都御所参観、事前申込不要となりました。

  10. 岩船寺 護摩供養

    岩船寺 / 厄除け紫燈大護摩供養が行われました。 木津川市

  11. 京都府立植物園 夏期は早朝開園しています♪

  12. gansenji

    岩船寺の紫陽花

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。