樹木のなまえ モミ マツ科

【2019年9月9日更新】

今回、ご紹介するのは常緑針葉樹の「 モミの木 」。

暖かい気候を好み、日本海側には少ない針葉樹で、大きなものだと40mにも達します。

↓↓↓ これがモミの木 ↓↓↓

針葉樹は見分けるのが難しいですよね。

水平に張り出された枝も特徴のひとつ。

↑ 葉の表面はツルツルとしていて、枝にはらせん状(うずまき状)に着きます。葉は硬めなので、先端に指先で触れると痛みを感じます。

↑ モミの木の枝。

樹皮は鱗(うろこ)状に割れた感じになっています。

雄花(おばな)や雌花(めばな)、球果は撮影でき次第、アップしていきます。

【名称】モミ
【花色】4~5月に黄色い房状の小さな雄花が前年枝に咲く
【樹高】10~18m。大きいものは40mにもなる。
【樹皮】鱗(うろこ)状
【原産】日本特産種
【分布】秋田県以南、四国、九州
【分類】マツ科モミ属
【撮影】京都府立植物園

関連記事

  1. 烏丸御池にてガーゼタオルを購入しました 

  2. 祇王寺/紅葉見頃!

  3. 三室戸寺のツツジ

  4. 国立国会図書館 京都

    【京都 珍スポット】日本に2か所しかない国立国会図書館 中央館

  5. 北山THE BURGER COMPANY

  6. 海と星の見える丘公園とハッチョウトンボ

  7. 大石神社 / 大石内蔵助をご祭神とする神社

  8. 金戒光明寺の五劫思惟阿弥陀仏像 アフロ 珍スポット 珍百景

    【京都 珍スポット】ファンキーなアフロ仏 金戒光明寺

  9. お茶畑の朝 (京都府 和束)

  10. 木津川市 / カタツムリの競争と美しい田園風景

  11. 伊根町の舟屋群 ひと味ちがった京都旅♪

  12. 紅葉をめぐる京都旅行 2日目

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。