HAKUBAのスピードストラップ レビュー。

今回ご紹介するのは「 HAKUBA スピードストラップ 」。

普段は三脚を使用していて、ストラップが邪魔になることが多いため付けていないのですが、長さ調整がカンタンにできるというので、早速、試してみることにしました。

ロゴ等もなく、見た目もシンプルでスマートなデザイン。

ハクバ スピードストラップ

ストラップ部の幅サイズは25mmと38mm(上の写真は38mm)、カラーはブラック、ネイビー、ワインレッドの3色が用意されています。

使い方はカンタンで

ストラップを縮める・・・左側の赤丸タブを抑えて、右側のリングを引き上げる。

ストラップを伸ばす・・・左側の赤丸タブをつまんで引き下げる。

です。

ハクバ スピードストラップ たすき掛け

たすき掛けにして、右手のタブをつまんで左手のリングを上に引き上げると、ストラップが縮まり、カメラが身体に密着します。

ハクバ スピードストラップ たすき掛け

↑ このように左手に持ったリングを引き上げるだけ。

緩めるときは、右手のタブを引き下げます。慣れれば、カンタンです。

縮めても伸ばしても、ストラップの余る部分がブラブラ出ないのが素晴らしい。

ハクバ スピードストラップ

ストラップを弛(ゆる)めればご覧の通り、撮影体勢に。

ハクバ スピードストラップ 長さ調整

身体に合わせた長さ調整もできるようになっています。

ハクバ スピードストラップ

ストラップはナイロン製。

ボディがキズ付くこともありません。

一眼レフやミラーレスで気軽に撮れて、手ぶらで移動できるのが魅力。

ハクバ スピードストラップ

実際に歩いてみましたが、移動時はカメラが身体に密着し、ボディの揺れはほとんど感じません。移動中、ストラップが勝手に緩んでしまうこともないので、実用性は高いですね。

ただレンズが突き出た感じになるので、あまり大きなレンズは付けない方がいいかも。

ウィンドウショッピングをしている時のように歩くスピードが遅いのであれば、レンズが下向きになるようストラップを少し緩めにすると見た目もスッキリします。ボディの揺れもそれほど気になりません。

今後、風景以外の町歩き写真にも力を入れていこうと考えていましたので、長さ調整がカンタンに素早くできるスピードストラップはかなり好感触。。。

普通のストラップは、たすき掛けにしたり、カメラを前にぶら下げていると、歩くたびに揺れるカメラを手で抑えないといけないので、”手ぶらで一眼レフが持ち歩ける” というのが嬉しいですね。

想像以上に使い勝手がよく、ちょっとしたレジャーや散歩にも気軽にカメラを持って行こうと思わせてくれる優れものです。

また改めて使用感をレポートしたいと思います。

O(≧▽≦)O

【商品名】 HAKUBA スピードストラップ

【カラー】ブラック、ネイビー、ワインレッドの3色。

【全長】約1,150~1,600mm

【ストラップ部長さ】約650~1,100mm

【ストラップ部幅】25mmと38mm

【先ヒモ幅】10mm

【重量】約85g

【価格】1,754円(2019年2月21日現在)

関連記事

  1. リコー GR と GR Ⅳ は、中古で買うならどちらが買いか? レビュー

  2. EOS R5 と EOS 5D Mark Ⅳ 比較レビュー

    【おどろきの結果に!】EOS R5 の手ブレ補正テスト 望遠レンズで手持ち撮影(スローシャッター 1/10秒 三脚なし) レビュー

  3. 三脚スペアシュ―でレンズ交換もラクラク!

  4. 「 RICOH GR 」(APS-C 搭載) と「 GR Ⅳ 」を比較。レビュー Vol.01

  5. 写真の無断転載を簡単にチェックする方法 その2

  6. EOS R5 レンタル ミラーレス

    Canon『 EOS R5 』カメラボディとレンズをレンタル。桜を撮影してみました。レビュー 作例あり

  7. 人気のステンレスボトル / FFX-501 サーモス 500ml レビュー

  8. Lowepro レンズケース レンズエクスチェンジC 100 AW

  9. 【はじめての雪山ウェア レビュー】冬の登山で風邪をひいた服装はコレ。モンベルのジオラインはおすすめ

  10. Photoshop/画像を劣化させずに補正する方法

  11. RICOH GR Ⅳ レビュー 覚えておくと便利な機能 Vol.2

  12. 一脚のおすすめ5選!自立する一脚&雲台が人気

    【一脚のおすすめ5選】人気は自立する一脚&雲台付き!運動会,スポーツ観戦,旅行には軽くてコンパクトな一脚が便利♪Amazon,楽天,ヨドバシ,ビックカメラどこが安い?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。