日本製の単眼鏡対決☆「Nikon モノキュラー HG5×15D」vs「Vixen アートスコープ H4×12」。美術館やスポーツ観戦にはどちらが使いやすいか?メガネをかけている方におすすめは? ブログ 比較レビュー

日本製の単眼鏡対決☆Nikon HG5×15D vs Vixen H4×12

「Nikon モノキュラー HG5×15D」vs「Vixen アートスコープ H4×12」どちらが買いか?

今回は、” Made in Japan ” の単眼鏡対決です。

対決するのは、
Nikon(ニコン) モノキュラー HG5×15D」vs「Vixen(ビクセン)アートスコープ H4×12
です。

ニコンの単眼鏡(HG5×15D)は、1998年4月から製造されているベストセラー。ビクセンの単眼鏡(H4×12)は、2016年12月(旧モデルは2007年発売)に発売されたもので、どちらも国内で作られている日本製の単眼鏡です。

国内でも人気の単眼鏡で、購入時は必ずと言っていいほど候補に挙がる両者。

どちらもおすすめの単眼鏡ですが、
だれが使うのか、
使用目的は何か、
使いやすさに加えて、デザインなども見ていきたいと思います♪

【ビクセン】単眼鏡(双眼鏡)の4倍,6倍,8倍の見え方がどれだけ変わるか違いを比較

黒の色がきれいに見えるのはどっち?

黒色がきれいに表現されると画面全体が引き締まりますので、どちらがキレイに見えるか比較してみようと思います。

今回は黒色のミニカーを用意しまして、単眼鏡を通して撮影してみることにしました。

Nikon(ニコン) モノキュラー HG5×15D」と「Vixen(ビクセン)アートスコープ H4×12」では、どちらの単眼鏡がきれいに表現されているか比べてみましょう。

倍率が異なるので、同じ大きさになるよう調整して撮影しています。左写真がNikonのHG5×15D、右がビクセンのH4×12で、写真は加工無しでアップしています。

「ニコン HG5×15D」vs「ビクセン H4×12」 黒色がくっきりするのはどっち?
カメラRICOH GR DIGITAL
撮影条件F3.2 1/80秒 ISO800 スポット測光 マクロ
ミニカーホットウィール ’40 FORD COUPE
写真加工どちらも無し

違いが出てますが、分かりますかね。
写真を拡大してみましょう。

「ニコン HG5×15D」vs「ビクセン H4×12」 黒色がくっきりするのはどっち?

いかがでしょうか。

「右が好き」
「左の色が良い」

好みが分かれそうですが、背景もブラックにして撮影してみましたので、ご覧ください。

「ニコン HG5×15D」vs「ビクセン H4×12」 黒色がくっきりするのはどっち?

背景を黒にしてみるとミニカーの違いが分かりにくくなりましたが、ニコンの方が背景の台の色が黒く、画面全体が締まりのある黒色になりました。(写真加工なし)

外出先で景色を見ているときも、明らかに色のメリハリに違いを感じることもあれば、ニコンもビクセンも同じような色味で見えることがあります。

Nikon(ニコン) モノキュラー HG5×15D」は、ビクセン(H4×12)と比べて色にメリハリを感じる場面が多く、シャープで立体感のある映像が楽しめました。

※現在、同じ景色で色味に変化が出るサンプル写真を撮っていますので、集まりましたらアップいたします。もうしばらくお待ちください。

「ニコン HG5×15D」と「ビクセン H4×12」の倍率は、4倍と5倍とわずかな倍率差ですが、ニコンの方が色味もよく、対象物がくっきりと明るく大きく見えるので、美術鑑賞、観光、紅葉季節にもおススメの単眼鏡です。

\ くっきり大きく見える♪ /

片手で操作する場合、「ニコン HG5×15D」vs「ビクセン H4×12」はどちらが使いやすい?

「皆さん、単眼鏡は両手で操作しますか?」
「それとも片手ですか?」

両手で操作するなら「ニコン」「ビクセン」どちらでもOKです。

片手で操作するならピント合わせリングのやわらかい「Vixen(ビクセン)アートスコープ H4×12」が使いやすいです。

両手で単眼鏡のピント合わせをしている人は問題ないのですが、「Nikon(ニコン) モノキュラー HG5×15D」のピント合わせリングは硬めになっているので、片手で操作したい方は少し慣れが必要です。

正直、ビクセンのアートスコープを使っていた方が、ニコンの単眼鏡を購入したら、最初はピントリングのあまりの硬さに驚くかもしれません。

慣れれば大丈夫ですけどね。 (^_^;)

ちなみに
私は片手で操作することが多いです。

ニコン(HG5×15D)に関しては慣れるまで両手を使ってピント調整をしてましたが、最近は片手で操作できるようになりました。

Nikonとビクセンの単眼鏡 ピントリング

↑ 黄色い枠の部分が、ピント合わせリングです。

黄色い枠の部分を回すとピントが合います。距離の近いものにピントを合わせると、写真右上(紫の枠)のように筒が伸びた状態になります。

ビクセン(Vixen)の単眼鏡は、子どもでも片手(人差し指と親指)で回せる軽さとなっています。

片手でビクセンの単眼鏡を使うときは、ピントリングを回すのではなく、手前の接眼レンズ付近を人差し指と親指で回すと使いやすくなります。

↓ ↓ ↓ 黄色い枠でくくった所がピントリング。このピントを合わせるダイヤルがニコンよりも圧倒的に軽い。

ビクセン H4×12 ピントの合わせ方 使い方

子供や女性、握力が弱い人もピント合わせがしやすいので、特に子供と一緒に使うことが多い場合は「ビクセン H4×12」が使いやすいと思います。

片手で操作する場合は、ピントリングを中指、薬指と手の平に挟んで固定して、紫の枠(上写真)の辺りを親指と人差し指で回しながら使います。

重さはNikonが75gに対して、ビクセンは49g。

どちらも片手で操作するのに影響がでる重さではないので、多くのユーザーは気にならないレベルかと思います。

・片手で操作したい
・動きのあるものを追いかける
・子供と一緒に使う機会が多い
・手袋をして使う(冬期)

上記のようにピントリングがやわらかい方が使いやすい条件・環境があります。そういったときはコンパクトで軽い、ピントの合わせやすい「Vixen(ビクセン)アートスコープ H4×12」がおすすめです。

\ コロコロかわいい単眼鏡! /

小さくてかわいい単眼鏡はビクセン

小さくてカワイイ単眼鏡 ビクセン H4×12 

↑ 赤のメタリックカラーと耐久性の高いアルミ合金ボディの質感は高級感があっていい感じです。コンパクトさを損なわないようケースがピッタリサイズなのもポイントが高いです。

小さくてカワイイ単眼鏡をお探しなら、赤色の「Vixen(ビクセン)アートスコープ H4×12」は気に入ると思います。

単眼鏡は ” 赤色 ” として販売されていますが、ケースはタマゴのような形でピンク色に近い印象です。セミハードケースで緩衝素材が使われているので、本体の出し入れでキズ付くこともなく、静かに出し入れができます。

軽いので、いつもカバンに入れておいても気にならず、プレゼントにも喜ばれそうです♪

シチュエーションによる使いやすさ

「ニコン HG5×15D」vs「ビクセン H4×12」はどちらが使いやすい?

個人的に使いやすいと感じたシチュエーションと選ぶ要素(デザイン、見え方、価格)を比較してみました。
↓ ↓ ↓

選ぶ要素ニコン
HG5×15D
ビクセン
H4×12
メガネをかけて使うとき
子どもが使うとき
ケースの出し入れ
ケースデザイン
美術鑑賞等
色彩、くっきり感
価格

1.メガネをかけて使うとき
ニコンはメガネをかけたまま使えます。ビクセンは ” 目当てゴム ” と呼ばれる部分を折り曲げて使います。

2.子どもが使うとき
ピントリングのやわらかいビクセンが使いやすいです。ニコンのピントリングは硬めで、小さな子供は回しにくいと思います。

3.ケースの出し入れ
ニコンのケースはマジックテープで出し入れしやすい。ビクセンはファスナータイプで角部分の開け閉めがしにくいです。

4.ケースデザイン
ビクセンは、コロコロとしたタマゴ型デザインでカワイイです。

5.美術鑑賞等
どちらも使いやすい倍率です。

6.色彩、くっきり感
ニコンの方が色味にメリハリがあり、くっきり感があります。

7.価格
Amazonで、ビクセンが1万円前後、ニコンが17,000円前後(2022年9月現在)。他にもリーズナブルな製品がたくさん販売されてますが、この2点は品質も高く愛着も湧きますので、おすすめです。

最も多く使うシチュエーションを優先して選んでみてください。

後ほど説明しますが、メガネをかけている方は「ニコンのHG5×15D」がおすすめです。私もメガネをしてますが、ケースから出してそのまま使えるので重宝しています。

↓ ↓ ↓ 今回紹介している「ビクセン H4×12」には、タマゴ型ケースが付属していますが、ビクセンのマルチモノキュラー4倍,6倍,8倍の単眼鏡には、下記画像のような袋タイプのケースが付いています。

ビクセン マルチモノキュラー 単眼鏡 ケース

正直、ケースから出しにくい形状なので、タマゴ型のケースを別途購入しても良いかもしれません。他に良いケースが見つかり次第、紹介していきたいと思います。

↓ ↓ ↓ 6倍用ケースはファスナーも開けやすいので、4倍用にもおすすめ

ビクセン 単眼鏡(双眼鏡)の4倍,6倍,8倍の見え方がどれだけ変わるか違いを比較してみました♪

ケースの出し入れ

「ニコン HG5×15D」と「ビクセン H4×12」のケース 比較

↑ Nikonケースはマジックテープで出し入れしやすいです。

単眼鏡を一度取り出した後は、頻繁にケースに出し入れすることはないと思いますが、何かの都合で出し入れが多いのであれば、ニコンケースは便利で重宝します。

ビクセン(H4×12)はファスナー式で、今風のコロコロした見た目がかわいいケース。年齢層問わずウケのよさそうなデザインとケースです。

ケースの角付近はファスナーの滑りが良くないので、世界のファスナーメーカーが出している「YKK ファスナー専用スプレー」でシュッとひと吹きしてみると良いかもしれません。

有名な「クレ556」は油分を含んでいます。ホコリが付着したり、油分が衣類やカバンに付いてしまうと厄介なので、避けた方が無難です。

\ ファスナー専用スプレー♪ /

ビクセン単眼鏡は、赤色の他にブラックと青色が発売されてましたが、青色は生産終了しています。

ブラックは定番商品なので問題ありませんが、赤色は在庫次第あるいは売れ行き次第かもしれません。ケースに関しては、今のタマゴ型ではなく、袋タイプになるとのことです。(2022年9月メーカーに確認)

おそらくタマゴ型のケースはアクセサリーとして別売りになると思われます。

ビクセンの袋タイプのケースは、個人的に使いにくいと感じているので、どうせ買うなら今のかわいいケースが付属しているうちに購入した方がお得感もあります。

検討されている方は早めに購入しておきましょう。

\ 赤色の単眼鏡はこちらから! /

メガネをかけている人は「Nikon(ニコン)モノキュラー HG5×15D」がおすすめ♪

ニコン モノキュラー HG5×15D

↑ Nikon(ニコン)の5倍単眼鏡 HG5×15D。

メインの外観は金属素材が使われています。丸筒型の単眼鏡が多いなか、独特のフォルムがいい感じです。

「Nikon HG5×15D」の一番のアピールポイントは、のぞいた時のくっきり感が素晴らしいこと。

いや、メガネをしたまま使えることかな。

ビクセンやケンコーなどその他のメーカーもメガネをかけたまま単眼鏡を使用できるのですが、「目当てゴム」と呼ばれる部分を折って使います。

こちらをご覧ください
↓ ↓ ↓

Nikon(ニコン)HG5×15D  ビクセン アートスコープの比較

普通の単眼鏡・双眼鏡の場合、メガネをかけているときは、上写真のように単眼鏡の ” 目当てゴム ” を折り返して使います。

” 目当てゴム ” を折り返さずに使うと視野が狭くなるのですが、「 Nikon(ニコン) HG5×15D 」には、いわゆる目当てゴムがなく、メガネをしたまま使うことができる構造になっています。

↓ ↓ ↓ これはラクですよね。

メガネをつけたまま使えるニコンの単眼鏡  HG5×15D

メガネをして使うときは、多くのメーカーが目当てゴムを折り曲げる方式をとっているのですが、ニコンの単眼鏡はそのまま使えるので、メガネをしている方には非常に使いやすい仕様になっています。

それでは、
メガネをしていない方が使うとどうなるか・・・

↓ ↓ ↓ 「 Nikon(ニコン) HG5×15D 」で、メガネ有り・無しの見え方の違い

Nikon(ニコン)HG5×15D メガネ有とメガネ無しで覗いた場合の違い

 

メガネなしでのぞいた場合、
「 Nikon(ニコン) HG5×15D 」の接眼レンズに目を近づけすぎると、黒い影が視界に入り込んできます。(上写真右参照)

これは「アイレリーフ」と呼ばれる目の位置から接眼レンズまでの距離が長いか短いかによって発生するものです。ニコンの単眼鏡 HG5×15Dは「アイレリーフ」が長く設計されているため、メガネをかけている人がそのまま使える仕様になっています。

↓ ↓ ↓ アイレリーフとは

アイレリーフとは 図解説明

↓ ↓ ↓ ニコン単眼鏡で黒い影が出ないようにする方法

ニコンの単眼鏡をメガネ無しで使う場合は指を使ってスペースを確保  HG5×15D

メガネをかけていない人がニコンの単眼鏡(HG5×15D)を使うときは、上写真のように接眼レンズを指で囲んでスペースを確保して使えば、ちょうどいい感じになります。

指の置き方は人それぞれで良いので試してみてくださいね。

ちなみに多くのメーカーが採用しているのは下記のように目当てゴムを折り曲げて使う方式です。(メガネ着用時)
↓ ↓ ↓

ビクセン単眼鏡 目当てゴムを折り曲げて使用

↑ メガネをかけているときは、上写真のように目当てゴムを折り曲げて使います。

メガネをしている人が単眼鏡の ” 目当てゴム ” を折らずに使うと視野が狭くなってしまいますので

「メガネを取る」
「 目当てゴムを折り曲げる」

のどちらかの方法で使用しなければなりません。

ビクセン H4×12 目当てゴムの折れ痕

↑ ” 目当てゴム ” は、何度も折っているとゴム部分に折れ痕が残ってしまいます。

メガネをかけていても ” 目当てゴム ” を折らずにきれいに使いたい方もいるかと思います。

そうなるとメガネを頻繁に取らないといけなくなりますので片手はふさがり、誤ってメガネや単眼鏡を地面に落としてしまうことも考えられます。注意してご利用ください。

単眼鏡の中では、お値段もよくなりますが、メガネをかけている方は「Nikon(ニコン)HG5×15D 」が使いやすくておすすめです。

ぜひお試しください ♪

\ メガネをかけている方におすすめ♪ /

\ 大きく見たいなら7倍♪ /

Nikon(ニコン)モノキュラー HG5×15D と ビクセン H4×12 のスペック比較

大きさはニコンの方が 1.3cm長く、重さは26gと重たいですが、個人的にはそれほど気にならないです。

比較をすれば、内容により優劣がありますが、どちらも良い製品で愛着の湧いてくる単眼鏡です。使用場所、条件、価格などを考慮してお求めいただければ、良いと思います。

仕様ニコン
HG5×15D
ビクセン
H4×12
倍率5倍4倍
対物レンズ有効径15mm12mm
実視界9.0°11.5°
見掛視界43.0°46°
1,000mにおける視界157m201m
ひとみ径3mm3mm
明るさ9.09.0
アイレリーフ15.8mm15mm
最短合焦距離0.6m0.2m
高さ×幅×厚さ71×30×30mm
※金属部分の角、
ストラップ通しは除く
58×31×33mm
※突起部を除く
質量(重さ)75g49g
希望小売価格(税込)25,300円11,550円

どちらも安心の「Made in Japan」です。
海外の方にも喜ばれますので、ぜひ日本のお土産としてもご検討ください。

\ 赤色の単眼鏡はこちらから! /

さいごに

どちらか手放すことになったら、
どちらを手放すか。。。

これはむずかしいですね。(^o^;)

ひとつ言えることは、
どちらを買っても後悔はしないということです。

ニコン製品は、ビクセン単眼鏡の2倍近い価格になっていますが、のぞいた時の色のメリハリ、ヌケの良さは素晴らしく、価格と性能のバランスが取れています。

予算が許せば、ニコン、
小さくてカワイイを選ぶなら、ビクセン ですかね。

スポーツ観戦、美術館やコンサート、ミュージカルなど使い道はいろいろ。単眼鏡があるだけで、楽しさが広がります。ぜひあなたに合った一台を探してみてくださいね ♪

【よく読まれている関連記事】
単眼鏡の人気ランキング5選!
キャンプにおすすめの明るい小型LEDライト5選!
三脚の一脚おすすめはどっち?
サーモスと象印の水筒はどっちがいい?
高品質で評判の「Leofoto(レオフォト) MP-285C」レビュー

\ いますぐ単眼鏡をチェックしてみる /

関連記事

  1. 奈良 曽爾高原や温泉が近い「サンビレッジ曽爾 キャンプ場」 レビュー

  2. オートキャンプとちお アイキャッチ画像

    【奈良キャンプ場】夏の川遊びに超おすすめの「オートキャンプとちお」。近くにパワースポット「天河大弁財天社」や温泉あり、釣りも楽しめます!バンガローはエアコン無しでも涼しい! ブログ レビュー

  3. 【Book】京都 なるほど事典 清水さとし レビュー

  4. カメラ用ハンドストラップ 三脚使用禁止の場所に重宝♪

  5. 24時間あったか~い、ハクキンカイロの使い方

  6. 【Book】 天皇家 誕生の謎 関 裕二 レビュー

  7. 一眼レフやコンパクトデジカメで背景を「ぼかし」てみよう!! 

  8. 【 ISO感度 の 調整 】手ブレを減らしてキレイに撮ろう!

  9. ブログ(ホームページ)で使える「日の丸構図」写真。日の丸構図はダメじゃない。

  10. EOS R5 と EOS 5D Mark Ⅳ 比較レビュー

    【おどろきの結果に!】EOS R5 の手ブレ補正テスト 望遠レンズで手持ち撮影(スローシャッター 1/10秒 三脚なし) レビュー

  11. 三脚スペアシュ―でレンズ交換もラクラク!

  12. はじめての三脚選び Part-2

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. Iwatani イワタニ カセットコンロ FORE WINDS FW-LS01

    【おすすめ人気コンロ】風に強いイワタニ カセットコンロでBBQ。FOR…

  2. 京都府亀岡市 鳥の巣キャンプ場 予約はいつから?

    【京都キャンプ場】1日4組限定の「鳥の巣ロッジ」予約はいつから?…

  3. 天河神社(天河大辨財天社)

    奈良最強のパワースポット「天河神社」は、神様に呼ばれた人しかた…

  1. 中古デジカメ(カメラ&レンズ)の選び方。中古カメラで失敗しないためのチェック項目。

    中古デジカメの選び方(デジタル一眼レフ&ミラーレス)。中古カメ…

  2. SIRUI P-326 コストパフォーマンスの高い一脚

    SIRUI (シルイ) カーボン一脚「 P-326 」 のクオリティは? 自由…

  3. ベルボン ULTRA STICK SUPER 8 重さ347g 長さ156cmまで伸ばせる

    三脚と一脚おすすめはどっち?一脚ベルボン「ULTRA STICK SUPER 8」…

  4. ブログ(ホームページ)で使える「日の丸構図」写真。日の丸構図は…

  5. EOS R5 と EOS 5D Mark Ⅳ 比較レビュー

    EOS R5 の重さや使い方が気になるミラーレス機。レンタルして使って…