【 ISO感度 の 調整 】手ブレを減らしてキレイに撮ろう!

「 ISO感度 の 調整  」

これだけだと難しそうに聞こえてしまいますが、

カメラ( デジタルカメラ )の設定を少し変えるだけで

誰でも簡単に 手ブレ を 減らす ことができる「知っトク技」。

ぜひ設定をしてお出かけください!

Canon デジタルカメラ PowerShot G7 X


Canon デジタルカメラ PowerShot G7 X の ISO感度 の 設定 画面

1)ファンクションセットボタンを押す

2)ISOと書かれたアイコンを選択

3) ISO感度 を選択(数値が大きいほど速いシャッターが切れます)

例えば、

部屋の雰囲気を壊さずに撮りたい場合は、フラッシュをOFFにします。そうすると シャッタースピード が 遅くなり、 手ブレ の 原因 になってしまいます。

なぜ シャッタースピード が 遅くなる のか?

人の目で例えると

明るいところから急に暗い部屋に入ると何も見えなくなりますよね。

目が慣れてくるまで少し時間がかかると思います。

暗い部屋に入ってから1秒ほど部屋全体にライトを当てれば、何がどこにあって、どういう部屋なのかスグにわかります。

カメラも同じことで、暗い部屋でフラッシュを使えば瞬間に被写体を認識し、撮影することができるようになるのです。

逆にフラッシュを使わずに撮影した場合、カメラが被写体を認識するまで時間がかかるため、 シャッタースピード が遅くなるのです。

↓ 下の画像を見てください。室内の置物を撮影しているところです。

赤枠(1)は シャッタースピード を意味していて「1/20」となっています。

赤枠(2)が「 ISO400 」となっています。

※混乱してしまいますので、今回は「1/20」の横に明記された「F1.8」という数値( 絞り値 )は見ないでください。(^^)

手ブレ が発生しにくい シャッタースピード というのは、

「1/○○mm( レンズの焦点距離 )」

と言われています。

例えば、200mmのレンズで撮影しているのであれば「1/200秒」、50mmレンズであれば「1/50」といった感じです。

今回表示されている「1/20秒」という シャッタースピード ですが、小さなコンパクトデジカメであれば、 ブレ を最小限に抑えた撮影ができるかもしれません。

とは言え、

不安は残りますので、 ISO感度 を高くして撮影してみます。

ISO400 ⇒ ISO1000(赤丸2番をご覧ください)

にしてみました。

「 ISO1000 」にしたことで、 シャッタースピード が「1/20秒」から「1/60秒」になりました。(赤丸1番をご覧ください)

ISO感度 の数値を大きくすればするほど、わずかな光でも撮影ができますが、 ISO感度 を上げすぎると写真のコントラストが低下して画質が悪くなりますので、注意が必要です。

↓↓↓ 手持ちで撮影した写真がこちらです。

ISO1000、1/60秒

飾られている棚の雰囲気を出すことができました。

↓↓↓ ISO400、1/20秒で撮影したものです。

意図的に 手ブレ した写真にしてみました。

シャッタースピードが1/20秒程度ですと、カメラの液晶上では確認しにくい ” ブレ ” が発生してしまうこともあります。暗い場所での撮影では シャッタースピード に注意すると失敗が少なくなりますので、ぜひお試しください。

↓↓↓ カメラの内蔵フラッシュを使った写真がこちらです。

フラッシュが置物や棚の奥に反射してしまっています。

記録写真であれば、フラッシュを使っての撮影がよろしいかと思います。

いかがでしたでしょうか。

今回は手振れを防ぐために「 ISO感度 」を調整してみましたが、館内でのお子様の演奏会や発表会はもちろん、運動会で走る子供を「ピタッーーー」と止めて撮影することもできます。ぜひ挑戦してみてください!

実際に試すときは、テスト撮影をしてから本番を迎えてくださいね!!

関連記事

  1. Canon Eosバッテリー 満タンと空(カラ)の見分け方

  2. Photoshop 写真に写ったゴミやホコリを削除してみよう!

  3. 「 EOS R5 」「 EOS R6 」と「 EOS 5D Mark Ⅳ 」の違い。比較レビュー

    どれ購入?「 EOS R5 」「 EOS R6 」と「 EOS 5D Mark Ⅳ 」の違い。比較レビュー。

  4. 【レビュー】冬山の必需品!「ZEO-LINE(ジオライン)」。モンベルのアンダーウェアは超あったかい ♪

  5. EOS R5 と EOS 5D Mark Ⅳ 比較レビュー

    EOS R5 の重さや使い方が気になるミラーレス機。レンタルして使ってみた感想。 レビュー ブログ

  6. 三脚の分解メンテナンス(掃除)

  7. 雨の日のアジサイ撮影に 必要な道具、注意すること。

  8. 夏でも軽くて快適!デジタルスポーツウォッチ

  9. 「 RICOH GR 」(APS-C 搭載) と「 GR Ⅳ 」を比較。レビュー Vol.01

  10. はじめての三脚選び Part-2

  11. 三脚プレート用コインドライバー。三脚プレートの交換に便利なドライバー付きツール♪

  12. Leofoto MP-285C 高品質で評判の一脚  一脚のレビュー

    高品質で評判の一脚「Leofoto(レオフォト) MP-285C , VD02」レビュー。中国メーカーでコスパもいいおすすめのスタンド型一脚(自立型)と自由雲台

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. キャンプ 防水、充電式、センサー付きのコスパのいいヘッドライト

    【キャンプ】両手がフリーになるヘッドライトは便利♪ 充電式&防水…

  2. Iwatani イワタニ カセットコンロ FORE WINDS FW-LS01

    【おすすめ人気コンロ】風に強いイワタニ カセットコンロでBBQ。FOR…

  3. 京都府亀岡市 鳥の巣キャンプ場 予約はいつから?

    【京都キャンプ場】1日4組限定の「鳥の巣ロッジ」予約はいつから?…

  1. 中古デジカメ(カメラ&レンズ)の選び方。中古カメラで失敗しないためのチェック項目。

    中古デジカメの選び方(デジタル一眼レフ&ミラーレス)。中古カメ…

  2. SIRUI P-326 コストパフォーマンスの高い一脚

    SIRUI (シルイ) カーボン一脚「 P-326 」 のクオリティは? 自由…

  3. ベルボン ULTRA STICK SUPER 8 重さ347g 長さ156cmまで伸ばせる

    三脚と一脚おすすめはどっち?一脚ベルボン「ULTRA STICK SUPER 8」…

  4. ブログ(ホームページ)で使える「日の丸構図」写真。日の丸構図は…

  5. EOS R5 と EOS 5D Mark Ⅳ 比較レビュー

    EOS R5 の重さや使い方が気になるミラーレス機。レンタルして使って…