2万個のロウソクが奈良公園を照らす「なら燈花会 8/5~」

今年で20周年を迎える「なら燈花会(とうかえ)」。

2018年は、8/5~14の10日間、奈良に集う人々の祈りをロウソクの灯りで照らします。場所は、奈良公園内の春日野園地、浮雲園地、浅茅ヶ原、浮見堂、猿沢池、興福寺、奈良国立博物館前。

昨日(7/22)は、空にかかる雲が染まり、鷺池(さぎいけ)も美しく色づきました。

燈花会イベント時は、浮見堂一帯もロウソクに照らされ、幻想的な風景となります。

8/5から、興福寺の北参道もやわらかな灯りに包まれます。

東大寺南大門にも近い春日野園地付近では、たくさんの屋台も出店します。冷たいビールでも飲みながら、奈良公園を散策してみるのもいいですね。

近隣駐車場は、大変混み合いますので、公共交通機関がおすすめです。

【イベント】なら燈花会(とうかえ)
【開催日】 2018年8月5日(日)~8月14日(火)
【観覧料】無料
【時間】19:00~21:45
【駐車場】 近隣に有料駐車場あり
【アクセス】近鉄奈良駅より徒歩15~20分

関連記事

  1. 南都七大寺大安寺

  2. 九品寺の彼岸花

  3. 【矢田寺】アジサイ観賞が早朝から楽しめるお寺

  4. 明日香の棚田と壺阪寺

  5. 奈良公園鹿の赤ちゃん公開

  6. 円成寺の池に映る紅葉

  7. 長谷寺の牡丹

  8. fujiwarakyo

    藤原宮跡の蓮とおふさ観音の風鈴祭り

  9. 『大仏鉄道フォトコンテスト Instagram キャンペーン』のお知らせ

  10. 吉野山の紅葉めぐり。春ほどの混雑なし!

  11. 三室戸寺のツツジ

  12. 生駒聖天宝山寺万灯会

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。