わぉ、トトロに出てきそう。この奈良交通バスに乗ってみたい !

な、な、なんだこのバスは?!

トトロに出てきそうなレトロなバスが後ろに停まった。

すぐにコンパクトデジカメを取り出し、手を伸ばして「カシャッ」。

調べてみると、このバスは1966年から79年まで乗り合いバスとして運用されていた車種で、現在所有するのはこの1台のみ。車体は当時のままなので、ハンドルは重くエアーサスペンションもないので乗り心地は悪く、エアコンの効きも悪いそうだ。(笑)

2013年に奈良交通が「奈良県バス100周年記念」で「ボンネットバス」を復活させ、「奈良公園三名所」を期間限定で走らせていた。最近では京都府木津川市内の社寺などを巡るツアーを開催していたとのこと。

現在は、展示などの催しがある程度で、一般の方が乗れるイベント予定はないそうだ。

この日、走るボンネットバスが見れただけでもラッキーな話で、橿原市で展示イベントがあり、向かっている所だったそう。

ちょうど左側に駐車できたので、車を停めて後ろからも撮影してみた。

なんとも可愛らしいバス。

乗ってみたい!

奈良交通に確認してみると、

しばらく乗車イベントはないので、定期的に連絡をして確認するしか方法がないとのこと。

京都や奈良のお寺だけでなく、公共バスや路線バスも当時のデザインを復活させて懐かしいレトロな雰囲気を味わってもらうのも観光として世界にアピールできるように思う。インスタ映えもしそうだよね。

もちろんエンジンは最新のものを使って、エアコンは効くようにしてもらいたい。

費用の捻出にはクラウドファンディングを使えば、賛同してくれる人もでてくる・・・はず。(笑)

懸念材料は、自動運転車両のシェアが高くなっていくと、こういった古い車輌、自動運転機能を搭載しない車に対しての車検・維持の処遇が国の判断で変わってくること。

他にもいろいろ問題はあるけれど、IT普及で失われていく雇用に対して、新たに生み出す・維持するための施策としても検討の余地があると思う。

国は観光立国として目標を定めているし、行政と協力しながらぜひ「ボンネットバス」の復活に挑戦してみてほしい。

奈良交通バス ボンネットバスお問合わせ

TEL:0743-58-3030

関連記事

  1. 大和民族公園の梅林とストロベリー工房

  2. 本薬師寺跡のホテイアオイ

  3. 絶景!雲海の朝 梅満開の月ヶ瀬梅林

  4. なら瑠璃絵の彗星

  5. 吉野山の紅葉めぐり。春ほどの混雑なし!

  6. ニューオープン 平城京跡 歴史公園

  7. 長弓寺の紫陽花

  8. お花がいっぱいの當麻寺

  9. 5/20 奈良交響楽団 第68回定期演奏会

  10. 萬葉植物園の藤の花 春日大社

  11. 矢田寺の紫陽花と大神神社のササユリ

  12. 桜満開奈良公園

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。