明日香(飛鳥)の田園風景

春は田植えの季節。

早いところでは3月下旬に行われますが、関西では6月に田植えが始まります。地域によって田植えの時期が異なるのも面白いですね。最も早い場所は沖縄県だそうです。お米は気温が15℃以下で成長が止まってしまい、10℃以下では枯れてしまうことも。品種によっても田植え時期が異なっています。

国営飛鳥歴史公園甘樫丘地区の駐車場近くで田植えをする80歳になるおばあちゃん。

トラクターを入れられない場所で、手作業で田植えをしてました。田んぼを平らにならす作業「代かき(しろかき)」もしているのかな?!

田植え 明日香(飛鳥)

どこか懐かしさを感じる光景ですね。

田んぼの中をバイクが一台ゆっくりと走り去っていきました。

田植え 明日香(飛鳥)

空と雲が映し出された田んぼに一本の木がアクセントに。拡がりを感じる素敵な光景でした。

この辺りは、棚田百選にも選ばれた稲渕の棚田エリア、のどかで美しいところです。9月は畦道(あぜみち)に咲く彼岸花が訪れる人の目を楽しませてくれます。

奈良のお散歩コースにも投稿致しましたので、

ぜひこちらをクリックしてご覧ください。

【撮影日】 2018年6月17日(日)
【訪問地】 国営飛鳥歴史公園 甘樫丘地区
【所在地】 奈良県高市郡明日香
【拝観料】
【駐車場】 無料駐車場あり
【アクセス】 橿原神宮前駅または飛鳥駅から明日香周遊バス 川原または岡橋本下車 徒歩3分。飛鳥駅には小型の電気自動車のレンタルも可能

関連記事

  1. 4/7 まだ間に合う桜! 見頃の大神神社

  2. 大和文華館の梅

  3. 当麻寺近くにある木工工房 代表・植本政次さん

  4. 奈良公園鹿の赤ちゃん公開

  5. 藤原京の蓮

  6. 馬見丘陵公園のひまわり

  7. 乙巳の変の密談と蘇我入鹿暗殺の現場となった 談山神社 と 飛鳥板蓋宮

  8. 植村牧場のソフトクリームを堪能しました

  9. 高田千本桜

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

京都のホテル

奈良のホテル

  1. 国宝と重要文化財の違い

    「国宝」と「重要文化財」の違い。 国宝の多い都道府県は?

  2. ほとけの履歴書 薮内佐斗司

    【おすすめ本】ほとけの履歴書 藪内佐斗司 レビュー

  3. よみがえる恭仁京 スペシャルサイト 動画配信

    【2/20~ 特別配信!】よみがえる恭仁京 スペシャルサイト

  1. 一眼レフ and ミラーレス 屋外で面倒なレンズ交換を素早くする方法

  2. リコー GR と GR Ⅳ は、中古で買うならどちらが買いか? レビュー

  3. EOS 5D Mark Ⅳ 背面の クイック設定ボタン の使い方

  4. 【中級編】雨の日も写真を楽しもう! 岩船寺でアジサイ撮影

  5. 一眼レフ の 『 ミラーアップ撮影 』機能の使い方