絞り優先(Av)モードで撮影してみよう!(コンデジ)

絞り優先(Av)モードって何?

さて今回は「絞り優先(Av)モード」で撮影するとどのような写真が撮れるのか。かわいい木製のピノキオの置物を使って試してみました!

 

ちなみに置物の鼻はちゃんと長く作られているんですよ~。





使用するカメラは、コンパクトデジカメ 「Canon PowerShot G7 X」 。2014年10月に発売されたカメラで、いまは生産中止で販売されておりません。

 

後継機種が 2016年4月に「PowerShot G7 X MarkII 」が発売されています。ちなみに最近のコンパクトデジカメにはモードダイヤル(MやAv、Tvと書かれたダイヤルのこと)が付いていますので同じカメラでなくても大丈夫です!

 

  ← 今回使用したカメライメージ

 

↑ まずカメラ本体右上のダイヤルを「Av」と書かれたモードに合わせます。
このAvと言うのは「Aperture value(アパチャーバリュー)」の略でレンズから入ってくる光の量を調整する「絞り」を意味しています。

 

ちなみにニコン、オリンパス、ソニーは「A(絞り優先)」と表記されています。

 

撮影する状況に合わせて設定をした方が良い他の機能もあるのですが、今回は「Av」モードのみに絞ります。。(^^)ニコ

 

↑ それではまず 2枚の写真の違いを探してみて ください!

 

はい、正解です!

背景の絵本がボケているものと、絵本の絵柄がわかるものになっていますね。これが絞り優先(Av)モードで撮影できる大きな特徴です。絞り値を小さい数値にするほど、より速いシャッタースピードで撮影することもできるのですが、シャッタースピードはまたの機会に説明致します。

 

それでは上写真を参考に、どのように撮影するのかを説明していきます。

 

①ピノキオの手前や背景をぼかしたい場合
F値を小さい数値にして撮影します。

②写真の隅々までわかるようにしたい場合
F値を大きな数値にして撮影します。

 

ここでいうF値の小さな数値は「F2」で、大きな数値は「F11」です。

 

絞り優先モードは、写真表現にかかせない機能の一つとなります。次回コンパクトデジカメを購入する際は、各メーカーの搭載されたF値をチェックしてみると迷う楽しさが倍増するかもしれません。O(≧▽≦)O

 

↑ F値の設定方法はカメラによって異なりますので、取扱説明書の絞り優先(Av)モードのページで確認してみてくださいね。 p(・∩・)qガンバレ!

 

カメラの背面液晶モニターには、いろいろなアイコンや数値が表示されていますが、「Fの値」に注目します。キャノンG7 Xでは、上写真の赤枠内となります。

 

液晶画面では背景のボケ具合が同じに見えますが、撮影後にプレビューすることでボケ具合の違いが確認できます。

 

シャッタースピードは絞り値に合わせて自動で設定されますので、安心してシャッターを切ってください。

 

ただ1点注意が必要で、F値を大きな数値(右側写真)にするとシャッタースピードが遅くなり、撮影環境によってはブレた写真ばかりとなってしまいます。

 

三脚の使用やテーブルに置いてタイマーで撮影するなどの対策が必要です。
※最近のコンパクトデジカメには、手ブレ補正の付いたものもあります。

 

↑ ピントを絵本に合わせて、F値を小さくすればピノキオをぼかすことができます。

 

子供の写真やブログにアップする写真、ヤフーオークションなどに出品する商品を絞り優先モードで撮影してみるのも面白いと思いますよ!

 

コンパクトデジカメとデジタル一眼レフの機能は基本的に同じものが多く、覚えてしまえば、新しく買い替えても戸惑うことはありません。 ぜひ挑戦してみてください。





その他写真ブログ 京都風景写真