円成寺の池に映る紅葉

 

本堂 4本の柱に描かれた極彩色の絵がとても見事です。

本堂 4本の柱に描かれた極彩色の絵がとても見事です。

前には駐車場もあります。

前には駐車場もあります。

池に映り込む紅葉が見事でした。

池に映り込む紅葉が見事でした。

楼門 

楼門 

境内にはたくさんの紅葉があって池にも映り込むのでとても華やかでした。

境内にはたくさんの紅葉があって池にも映り込むのでとても華やかでした。

奈良市内から12キロほどあり、結構寒かったです。お食事どころも人気でした。

奈良市内から12キロほどあり、結構寒かったです。お食事どころも人気でした。

見事な紅葉でハイキングの方も多かったです。

見事な紅葉でハイキングの方も多かったです。

忍辱山圓成寺の紅葉が見頃を迎えています。

円成寺庭園は平安時代に寛遍僧正が築いたとされ、浄土式と舟遊式を兼備した庭園です。
紅葉が池に映り込み絶景です。

円成寺は756年に聖武天皇と孝謙天皇の勅令により、唐僧虎瀧和尚の開創と伝えられていますが、史実的には1026年命弾(みょうぜん)上人が12面観音を祀られたのが始まりです。

1112年迎接上人が阿弥陀如来を祀り、1153年仁和寺の寛遍僧正が東蜜忍辱流を創られ、寺門が栄えました。
1466年応仁の乱の兵火で主要伽藍を消失しましたが、程なく光弘阿闍梨が再興しました。

江戸時代にはとても栄えましたが、明治時代になって寺領を失い、今の境内と建物が残りました。

本堂は旧本堂と同じ規模と様式で再建されています。
4本の柱に極彩色に描かれた聖衆来迎25菩薩は全国でも珍しく、とても美しく迫力がありました。
楼門も同じく室町時代に再建されました。

境内の紅葉はとて美しく、写真撮影や写生に多くの方が訪れていました。
またハイキングの方も多く、東大寺あたりまでの12キロをこれから歩いていく、というグループもいてすごいなぁと思いました。

境内にはわらび餅など軽食を食べられるスペースもあり、ゆっくり紅葉を眺めることができます。

関連記事

  1. 【おすすめ本】木に学べ 法隆寺・薬師寺の美 西岡常一

  2. 奈良公園の藤の花

  3. 馬見丘陵公園の曼珠沙華

  4. 信貴山朝護孫子寺の桜

  5. 平城京天平祭 5/3~5/5まで

  6. 高田千本桜 / 奈良県大和高田市

  7. 海龍王寺、平城宮跡とコナベ古墳とコワナベ古墳めぐり

  8. 興福寺二月堂からの夕焼け

  9. 法起寺 コスモス

    法起寺 / 奈良 世界遺産

  10. 奈良公園の梅林とMia’sBread

  11. 屏風岩公苑のヤマザクラ 

  12. 梅開く片岡梅林(奈良公園)