奈良公園冬の鹿寄せ

鹿寄せに行ったのは二度目でしたが、ホルンの音色で走ってくる鹿はとても可愛いです。

鹿寄せに行ったのは二度目でしたが、ホルンの音色で走ってくる鹿はとても可愛いです。

のんびり歩いてくる鹿も多くて癒されます。

のんびり歩いてくる鹿も多くて癒されます。

園児たちが自分たちで集めたどんぐりをたくさん持ってきていました!

園児たちが自分たちで集めたどんぐりをたくさん持ってきていました!

鹿がいっぱい。

鹿がいっぱい。

雄鹿の瞳は黒くて大きくてウルウル。とても可愛いです。

雄鹿の瞳は黒くて大きくてウルウル。とても可愛いです。

春日大社参道の南側「飛火野」で行われます。

春日大社参道の南側「飛火野」で行われます。

興福寺の五重塔もすっかり冬景色です。

興福寺の五重塔もすっかり冬景色です。

南円堂 西国三十三箇所の第9番札所です。

南円堂 西国三十三箇所の第9番札所です。

北円堂 最も美しい八角円堂と言われています。寒空の中でも美しい佇まいです。

北円堂 最も美しい八角円堂と言われています。寒空の中でも美しい佇まいです。

次の日から春日若宮おん祭が開催予定で準備が進んでいました。

次の日から春日若宮おん祭が開催予定で準備が進んでいました。

観覧席は5,500円だそうです。

観覧席は5,500円だそうです。

一度見て見たいです。来年はぜひ。

一度見て見たいです。来年はぜひ。

今年最後の鹿寄せに行ってきました。
寒空の中でしたがたくさんの方が集まっていました。

ナチュラルホルンの音色に誘われて鹿が集まってきます。
ご褒美のどんぐりをもらって一心にもぐもぐ。
とても可愛い姿です。
奈良公園の鹿は約1200頭で、メス7割だそうです。
雄は全体の2割ほど。残りは赤ちゃん鹿です。

鹿の親子もたくさんいてぴょんぴょんとても愛らしい姿でした。
鹿愛護会の方の説明があった後ホルンの音色が始まります。
みなさん鹿せんべいをあげたり写真を撮ったり和やかでした。
最後には鹿寄せのブログの写真撮影があり「お忍びの人は隠れてね〜」なんていう係りの方のお話なんかもあってとても楽しかったです。

奈良公園は秋の行楽シーズンを過ぎ、すっかり人が少なくなっていましたがのんびり歩くにはとてもいい感じです。
興福寺も冬景色で、それもとても綺麗でした。

12月15日から17日は春日若宮おん祭が行われるとあって準備が進んでいました。
それにしても寒いでしょうね。
観覧席の料金にはカイロも含まれていました。
来年はしっかり着込んでぜひ見に行きたいと思います。

鹿寄せは来年の2月8日からまた開催されます。
春が楽しみですね。

関連記事

  1. 東大寺本坊にて写真家・三好和義さんの写真展開催中!

  2. 蝉(セミ)の羽化観察記録

  3. 絶景!雲海の朝 梅満開の月ヶ瀬梅林

  4. 春を告げる修二会

  5. 東大寺本坊大広間で開催「茶の美」展

  6. 学研奈良登美ヶ丘駅

    学研奈良登美ヶ丘駅 の周辺環境 / 近鉄けいはんな線 レビュー

  7. 二上山の紅葉

  8. 天理のイチョウ並木

  9. 春日大社から徒歩10分の志賀直哉旧居 

  10. 宝山寺生駒聖天の厄除大根炊き

  11. 菅原天満宮の梅

  12. 長谷寺の牡丹