充電池は、容量が選べる!

 

何度も繰り返し使える充電池(ニッケル水素電池)。

子どものオモチャなどにも使えて便利ですよね。

 

充電池は、カメラのメモリーカード32GB、64GBのように容量が選べることをご存知ですか。

 

下の写真を見てください。

同じに見える黒と白のパナソニック「eneloop(エネループ)」単3充電池ですが、黒い電池の名称は「eneloop pro」、白い電池の名称は「eneloop」となっています。

 

何が違うかと言うと・・・、

 

eneloop pro」と「eneloop」とでは、電池の容量が異なります。

 

写真の赤線枠を見てみると

黒い電池は「2450mAh」

白い電池は「1900mAh」

となっていることがわかりますね。

 

この数字は、電池の容量を表していて、大きい数字の方が使用時間も長くなります。パワーを必要とする機器、カメラやストロボなどに適しています。

 

私は「eneloop pro」を冬山のGPS機器にも使用しています。

凍えるような寒い場所では、できるだけ電池交換は避けたいですよね。

「eneloop pro」であれば、早朝からGPS機器のスイッチを入れて、夕方まで電池交換無しで動いてくれています。

 

と言っても、何があるかわかりませんので、予備電池は持っていきましょう。

雪山などのような場所に持っていく予備電池も低温に強い充電池(ニッケル水素電池)が良いかもしれません。アルカリ乾電池は、低温に弱く、状況によっては短い時間しか使用できないですからね。

 

高容量モデルの「eneloop pro」と標準モデルの「eneloop」の使い分けですが、

デジカメ、ストロボ、スマホ充電のようなバッテリーのパワーや使用時間を長くしたい場合などは高容量モデルがおすすめです。

 

充電回数も異なってきますので、標準モデルで十分対応できる機器には充電回数2100回の「eneloop」がお得です。ちなみに「eneloop pro」は500回。

 

お子さまのおもちゃ等にも使用できますので、ぜひご検討ください。

 

【充電池(ニッケル水素電池)の使用上の注意】

引火の恐れがあるので、水中に入れて使う機器には使用できません。

また乾電池と比べてわずかに太くなっているため、使用できない機器や電池の出し入れが難しい機器もありますので、念のため使用前に確認をしておきましょう。

と言っても、今のところ使用できなかった機器はありませんので、ほとんどの機器(おもちゃ含む)は大丈夫かと思います。

 

その他写真ブログ 京都風景写真