【Book】 京洛四季 東山魁夷小画集 新潮文庫

今回ご紹介するのは

東山魁夷さんが旅人として見た京都の画集「 京洛四季」。

「 京洛四季 」は文庫なので、東山魁夷さんの作品がカバンからいつでも取り出せる大きさが魅力です。歩きながら東山さんの訪れた京都を旅してみるのも楽しそうですね。

そう言えば、

昨年9月に京都国立近代美術館にて開催された「 生誕110年 東山魁夷展 」は素晴らしかったですね。

展示方法も見事で何度も訪れたくなりましたが、残念ながら再訪することはできませんでした。次回は10年後ですかね・・・。

思い出したように、東山魁夷さんの画集を開いては閉じ、自身の作品作りに活かしています。

【本のタイトル】 京洛四季 (東山魁夷小画集)

【著者】 東山魁夷

【出版社】 新潮文庫

【Amazon】京洛四季 (東山魁夷小画集)

関連記事

  1. 洛東散策 真如堂、哲学の道、南禅寺など

  2. 瑠璃光院/紅葉見頃! 拝観には整理券が必要

  3. 【おすすめ本】入江泰吉 私の大和路 春夏紀行

  4. 樹木のなまえ バクチノキ (博打の木)

  5. 哲学の道 ⇒ 森のセンター ⇒ 銀閣寺 ⇒ トルコ至宝展 ⇒ がま口専門店

  6. 叡山電車もみじのトンネルライトアップ

  7. 京都府立植物園の薔薇

  8. 平安神宮と南禅寺、哲学の道、安楽寺の散策コース

  9. 青モミジ美しい貴船神社と鞍馬寺

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。