南都七大寺大安寺

南都七大寺として奈良時代に栄華を誇った大安寺は奈良の中心部にあります。
南都七大寺の一つで、東大寺、唐招提寺、興福寺、元興寺、薬師寺、西大寺とともに奈良時代に平城京周辺に位置し、朝廷の保護を受けた七つの大寺として栄えました。当時の伽藍は東大寺、興福寺と並んで壮大であり、東西に2基の七重塔がたち、南大寺とも呼ばれていました。

住宅地の中に突然現れます。

住宅地の中に突然現れます。

立派な門です。

立派な門です。

大安寺中門跡。

大安寺中門跡。

本堂。近代の再建です。

この時代には東大寺の大仏開眼の導師を務めたインドの僧や歴史上著名な僧が在籍し、仏教史上重要な役割を果たしてきたそうです。平安時代以降は徐々に衰退し、1017年の火災で主要な堂や塔を消失してからはかつての隆盛を回復することはありませんでした。現存する大安寺の堂はいずれも近世の再建で著しく規模が縮小したそうです。
大安寺様式とと言われる木造第十一面観音立像や、木造四天王立像など重要文化財など仏像9体が奈良時代から残っています。

本堂。近代の再建です。

松の木やあじさいなど緑とお花が多くて綺麗です。

松の木やあじさいなど緑とお花が多くて綺麗です。

ちょうど紫陽花が咲いていました。

ちょうど紫陽花が咲いていました。

境内は栄華を誇ったとは思えないほど静かで落ち着いています。

境内は栄華を誇ったとは思えないほど静かで落ち着いています。

大安寺のそばには旧境内の碑が建っています。
ここ以外にも旧境内の一部には杉山古墳や塔跡が残っています。現在は癌封じの寺として遠近より参拝が絶えず、境内も少しずつ整備されてきて、人々の篤い信仰の我が広がっています。

周辺には大安寺の歴史が多く残ります。

周辺には大安寺の歴史が多く残ります。

大安寺
【住所】〒630-8133 奈良市大安寺2丁目18-1
【拝観時間】9:00-17:00
【拝観料】400円
【アクセス】JR奈良駅・近鉄奈良駅より
大安寺行・シャープ前行・白土町行バス乗車
大安寺バス停下車徒歩約10分

関連記事

  1. 當麻寺と二上山

  2. 馬見丘陵公園の花菖蒲祭り

  3. 唐招提寺の萩の花

  4. 馬見丘陵公園の曼珠沙華

  5. 4/7 まだ間に合う桜! 見頃の大神神社

  6. 大和西大寺駅 の 周辺環境 / 近鉄線

  7. 矢田寺の紫陽花

  8. わぉ、トトロに出てきそう。この奈良交通バスに乗ってみたい !

  9. 奈良公園の藤の花

京都のホテル

奈良のホテル

  1. ほとけの履歴書 薮内佐斗司

    【おすすめ本】ほとけの履歴書 藪内佐斗司 レビュー

  2. よみがえる恭仁京 スペシャルサイト 動画配信

    【2/20~ 特別配信!】よみがえる恭仁京 スペシャルサイト

  3. 国立国会図書館 関西館

    【国立国会図書館 関西館】日本に2か所しかない国立国会図書館 中央…

  1. 一眼レフ and ミラーレス 屋外で面倒なレンズ交換を素早くする方法

  2. リコー GR と GR Ⅳ は、中古で買うならどちらが買いか? レビュー

  3. EOS 5D Mark Ⅳ 背面の クイック設定ボタン の使い方

  4. 【中級編】雨の日も写真を楽しもう! 岩船寺でアジサイ撮影

  5. 一眼レフ の 『 ミラーアップ撮影 』機能の使い方