三十三間堂に行ってきました

京都駅から市バスに乗りました。三十三間堂に行くには、乗り場は「D1」か「D2」とのことでした。

京都駅から市バスに乗りました。三十三間堂に行くには、乗り場は「D1」か「D2」とのことでした。

「博物館 三十三間堂前」のバス停を降りて少し歩くと参拝入り口がありました。

入り口には、三十三間堂に関する説明書きがありました。

入り口には、三十三間堂に関する説明書きがありました。

拝観料は大人600円・高校中学400円・小学生300円でした。

拝観料は大人600円・高校中学400円・小学生300円でした。

参拝口付近「新参進閣」の工事が完了しリニューアルされたとのことで、とても綺麗でした。

参拝口付近「新参進閣」の工事が完了しリニューアルされたとのことで、とても綺麗でした。

個人客と団体客の入り口が分けられているおかげで、混雑せずに入れました。

個人客と団体客の入り口が分けられているおかげで、混雑せずに入れました。

入り口の向かいにはトイレがあります。

入り口の向かいにはトイレがあります。

周りには三十三間堂の年間行事について掲示されていました。

周りには三十三間堂の年間行事について掲示されていました。

本堂参拝後に、境内を散策してみました。

本堂参拝後に、境内を散策してみました。

遊歩道もあって、車いすでも回れるようになっています。

遊歩道もあって、車いすでも回れるようになっています。

あじさいや

あじさいや

池が綺麗でした。

池が綺麗でした。

北門が見えます。

北門が見えます。

朱塗りの回廊もとても美しかったです。

朱塗りの回廊もとても美しかったです。

南北の長さが120メートルということで、本当に長い見事なお堂でした。

南北の長さが120メートルということで、本当に長い見事なお堂でした。

手水舎もありました。

手水舎もありました。

お堂の屋根の上に何か発見!

お堂の屋根の上に何か発見!

アオサギ?らしき鳥がとまっていました(^^)

アオサギ?らしき鳥がとまっていました(^^)

帰りもバスで。三十三間堂の向かいは、美しい外観の京都国立博物館が見えます。

帰りもバスで。三十三間堂の向かいは、美しい外観の京都国立博物館が見えます。

市バスはやはり混みあっていましたが、市バスのバス停の近くにあった…

市バスはやはり混みあっていましたが、市バスのバス停の近くにあった…

JR京都駅八条口に着く「プリンセスライン」のバスは空いていて、こちらに乗って帰りました。

京都駅からバスにのって、初めて三十三間堂に行きました。

国宝である三十三間堂の正式名称は、「蓮華王院」だそうです。

本堂のなかは撮影禁止でしたので、写真はありませんが、千体の観音立像は圧巻でした。
お堂の中央には、千手観音坐像があります。千体の観音立像に左右に囲まれた千手観音坐像は、とても大きくて見上げてしまうほど。

他に風神・雷神像などもあって、これほど多数の仏像群を目の当たりにし、感動を覚えました。

海外からの観光客の方たちも熱心に見入っていました。

4歳の子供が飽きてしまい、足早に出口に向かうこととなりましたが、子供がもう少し大きくなったらまた訪れたいと思います(笑)

関連記事

  1. 円山公園と知恩院の桜も満開!

  2. けいはんなオープンイノベーションセンター「 Maker Faire Kyoto 2019 」。 

  3. 錦市場と錦天満宮 壁にめりこんだ鳥居

    【京都 珍スポット】ブラタモリでも紹介された錦市場の錦天満宮『鳥居の両端が壁にズボッ!』

  4. 【嵐電】駅の幅が60cm、噂の山ノ内駅。

  5. 平等院鳳凰堂 / 京都 世界遺産 10円玉以外にも使われている絵柄?

  6. 嵐山駅 の周辺環境 / 嵐電

  7. 海と星の見える丘公園とハッチョウトンボ

  8. 海住山寺 一夜限りの光の遊園 ライトアップ 木津川市

  9. 岡崎神社、真如堂、哲学の道、南禅寺の散策

  10. サッカー観戦!京都サンガvs新潟

  11. 東福寺と泉涌寺、伏見稲荷大社を

  12. 下鴨神社 楼門

    下鴨神社 / 京都 世界遺産 川におみくじを浸す「水みくじ」が人気