月ヶ瀬梅林の梅まつり

毎年この季節になると多くの人が訪れる月ヶ瀬梅林
まだまだ肌寒く感じられる日も多い3月ですが、この日は気温も17℃となり、外でランチが楽しめる暖かい一日となりました。

今回は、月ヶ瀬梅の資料館から歩いて梅まつりの開催されている月ヶ瀬梅林に向かいたいと思います。(資料館では、地図なども入手できます)

【訪問地】月ヶ瀬梅渓(月ヶ瀬梅渓)
【所在地】奈良市月ヶ瀬長引21-8
【電話】0743-92-0300(月ヶ瀬観光協会)
【公式URL】奈良県観光公式サイト 月ヶ瀬梅渓 梅まつり
【営業時間】2月19日~3月31日(要確認)
【入園料】無料
【駐車場】近隣に有料駐車場あり(600円前後/日)
【アクセス】車ナビに「月ヶ瀬梅林」または「奈良市月ヶ瀬長引21-8」とご入力ください。
JR・近鉄 奈良駅より 奈良交通「尾山」または「梅の郷月ヶ瀬温泉」行きバスで約80分

月ヶ瀬梅林 アクセスマップ

月ヶ瀬梅林

梅が満開でした。写真上部が梅まつりが開催されている月ヶ瀬梅林。これから向かいます。

写真の対岸上部にて「梅まつり」が開催されています。

川沿いにはベンチも設置され、今日のように晴れている日はいいですね。

川沿いにはベンチもたくさん設置され、晴れている日はオススメです。 曇りの日は、肌寒くなりますので、暖かい恰好でお過ごしください。ジャケット1枚あると安心です。

月ヶ瀬梅の資料館

月ヶ瀬梅の資料館。周辺地図が手に入ります。1Fは特産品売場。トイレもあります。

2011年に完成した「月ヶ瀬梅の資料館」。
月ヶ瀬の周辺地図や1Fは特産品売場、トイレがあります。

週末は混み合いますので、資料館向かいの坂を上がった駐車スペースに車を停めるのも一案です。

月ヶ瀬は右側の道路を歩いていきますが、少し寄り道をして展望台に行ってみます。

月ヶ瀬には右側の道路を歩いて向かうのですが、少し寄り道をして展望台に行ってみます。

展望台より月ヶ瀬橋と資料館

鮮やかな朱色の月ヶ瀬橋。

鮮やかな朱色の月ヶ瀬橋。

少し坂を登ります。歩道がないので、注意が必要です。

少し坂を登ります。
歩道がないので、注意が必要です。

梅と五月川 県道82号線

梅と五月川。県道82号は景色が楽しめます。

梅と五月川。

県道82号は歩道がないので車に注意する必要がありますが、景色がよいのでおすすめ。

ただ坂道の途中、親子の会話で

「こんな登山の話は聞いてないよ・・・」
「これ坂道だよ、坂道。山じゃないよ」

舗装された道路ですが、山道と言われれば山道なのでご年配の方には少し坂道がキツイかもしれないので注意してあげてください。。。

ちなみに82号線は三重県、奈良県、京都府の3府県を通る路線で全国的にも珍しい路線となっています。

名勝 月ヶ瀬梅林 入口

月ヶ瀬梅林の入口に到着。

月ヶ瀬梅林の入口に到着。

梅に関連したお土産屋さん。

梅干し、梅ロールなど美味しそうなお菓子が並んでいました。

今年にオープン?喫茶店になってました。

今年オープンしたのですかね。
喫茶店になってました。

月ヶ瀬梅渓 入口

たいへんな人混みなので、早朝の写真をアップしています。

たいへんな人混みでしたので、早朝の写真をアップしています。

月ヶ瀬梅林 一目八景 みどころ

おなじみの展望台「一目八景」。
今日は少し霞んでますね。

おなじみの展望台「一目八景」。
ここからの景色は絶景です♪

今日は少し霞んでますね。
運がよければ、雲海が見れます!

↓↓↓ 雲海の写真はこちらをご覧ください。

絶景! 雲海に包まれる月ヶ瀬梅林
細い道なので、日中は人であふれています。

細い道なので、日中は人であふれています。

江戸後期に植えられたもので樹齢二百年だそうです。

江戸後期に植えられたもので樹齢二百年になります。

角度を変えての梅と五月川(名張川)。

角度を変えて撮影。梅と五月川(名張川)。

万作やロウバイも咲いてました。

万作やロウバイも咲いてました。

坂道もありますが、距離が短いのでキツくはないです。

坂道もありますが、距離が短いのでキツくはないです。

梅干しや草もち、漬物などが売ってます。
帰りは県道753号から周っていきます。

梅干しや草もち、漬物などが売ってます。
帰りは県道753号から周っていきます。

途中にある大きな駐車場。周辺の梅も満開でした。
県道214号。歩道も整備されていて安心。景色は川沿いの県道82号が良かったです。(歩道なし)

途中にある大きな駐車場。周辺の梅も満開でした。

県道214号。歩道も整備されていて安心。景色は川沿いの県道82号が良かったです。(歩道なし)

月ヶ瀬橋に到着

月ヶ瀬橋に到着 。

景色が良いので、月ヶ瀬資料館にてウォーキングマップを入手して歩いて周るのもおススメです♪

奈良 月ヶ瀬梅林の営業時間、駐車場、アクセス

【訪問地】月ヶ瀬梅渓(月ヶ瀬梅渓)
【所在地】奈良市月ヶ瀬長引21-8
【電話】0743-92-0300(月ヶ瀬観光協会)
【公式URL】奈良県観光公式サイト 月ヶ瀬梅渓 梅まつり
【営業時間】2月19日~3月31日(要確認)
【入園料】無料
【駐車場】近隣に有料駐車場あり(600円前後/日)
【アクセス】車ナビに「月ヶ瀬梅林」または「奈良市月ヶ瀬長引21-8」とご入力ください。

JR・近鉄 奈良駅より 奈良交通「尾山」または「梅の郷月ヶ瀬温泉」行きバスで約80分

関連記事

  1. 縁起雑貨 まるや

    【奈良】会うにも”運”が必要な縁起雑貨「 まるや 」さん見つけた!

  2. 飛鳥 光りの回廊 / 岡寺

  3. 生駒ケーブル100周年と生駒山上遊園地

  4. 興福寺三重塔の桜

  5. 本薬師寺跡のホテイアオイ

  6. 興福寺から元興寺とならまち散歩

  7. 大美和の杜展望台に咲く桜 大神神社

  8. 商売の神様寶山寺と生駒山上遊園地

  9. 當麻寺 三重塔めぐり

  10. 法隆寺と法起寺、信貴山朝護孫子寺の桜

  11. 蝉(セミ)の羽化観察記録

  12. 桜満開奈良公園