厳冬期に最適な mont-bell(モンベル) アルパイングローブ

mont-bellのアルパイングローブ

冬シーズンに必須の手袋。みなさんはどの手袋を使用してますか?
私は mont-bell(モンベル) OutDry アルパイングローブ を使用しています。-10℃にもなる極寒の山でも温かく満足、満足。v(。・・。)

 

アルパイングローブの中は着脱できる厚手のウールのライナーが使用されていて高い保温性能と撮影にも不自由を感じない機能性を兼ね備えています。

モンベルのアルパイングローブ

↑ 左がウール製の厚手のライナー。右がグローブ。軽くて指を折り曲げる感覚も良いのですが、使用当初は少々薄い印象もあり、厳冬期の保温性に不安を感じていました。。。。。

 

が、見事に期待を裏切ってくれました。

アウター素材の内側にある防水透湿性素材が、保水による冷えや凍結を防いでくれています。昨年は奈良県で樹氷が見れる明神平、高見山、三峰山でも活躍してくれました。

 

風の強い日は体感温度で-10度くらいになっていたと思いますが、問題なく下山できました。

すでに2シーズン使用していますが、指先が冷えたという記憶は今のところありません。ライナーは手洗いによる洗濯もできますので、汚れても汗をかいても安心です!

 

モンベルのアルパイングローブ

↑ 寒さは身に着けている防寒具の使用方法によっても変わってきます。モンベルの OutDry アルパイングローブには、手首付近に保温性能やフィット感を増すアジャストベルトが備わっています。

冬山登山を楽しむには、できるだけ冷気を遮断することが重要です。
忘れずに締めておきましょう!

 

モンベルのアルパイングローブ

↑ またグローブを装着したまま袖口の具合を調節できるアジャスターも付いています。

 

左の写真の黒い瓢箪のような物を引っ張ると右写真のように袖付近が絞られます。これで袖口からの冷気がシャットアウトできます。

 

モンベルのアルパイングローブ

↑ 絞った袖口をゆるめるには、矢印のボタンを押しながら手前に引くだけ。簡単です。

 

モンベルのアルパイングローブ

↑ 別売りになりますが、グローブリーシュ もおすすめです。

 

風の吹く日に(マイナス温度)山頂付近で手袋をはずしたことのある人ならわかると思いますが、わずか数秒で我慢できなくなります。

 

そのような環境下でグローブが風に飛ばされてしまったことを考えるとおそろしいですね。ライナースペア をリュックに入れておくのも良いかもしれません。

上記でグローブリーシュをおすすめしましたが、グローブによっては、グローブリーシュを取り付けるループ(輪っかのようなもの)が設けられていないため、購入前には確認してくださいね。

 

モンベルのアルパイングローブ

↑ これはメーカーさんにお願いですが、登山用の手袋は緊急時に備えてスマホ対応にしてくれると嬉しいです。

雪山で天候の悪い日、風のある日の緊急電話、ちょっと写メを撮るときなどにもライナーを取らずに作業できるといいですよね。 (^○^)/

その他写真ブログ 京都風景写真