銀閣寺 / 京都 世界遺産

銀閣寺(慈照寺)

京都市左京区にある世界遺産慈照寺銀閣寺)。

広大な敷地を有する「慈照寺(じしょうじ)」は、室町幕府8代将軍足利義政によって創建されました。

義政は祖父でもある義満が創設した「金閣寺」を範としていることもあり、「慈照寺(=銀閣寺)」と「金閣寺」の外観は非常によく似た建物になっています。

一般的に知られている「銀閣寺(ぎんかくじ)」という呼称は江戸時代より使われるようになりました。

銀閣寺の正式名称は「慈照寺」といい、「銀閣寺」と口にしている建物の正式名称は「観音殿(かんのんでん)」と言います。

なぜ銀閣寺と呼ばれるようになったのか

銀閣寺(慈照寺)
銀閣寺(慈照寺)

「銀閣寺」と呼ばれるようになったのは、いくつか説があるようですが、「金閣寺」があるから単純に「銀閣寺」と呼ばれるようになったという説や、庭の白砂に陽が反射し、「観音殿」が銀色に見えたという説もあります。

よく言われているのが「観音殿」には銀箔を貼る予定だったものの、幕府の財政事情により中止になったという説です。

「銀が剥がれ落ちた」という説もありますが、2007年に行われた科学的調査によって、銀が張られていたという痕跡が残っておらず、当時から「銀」は貼られていなかったことが明らかになっています。

銀閣寺 東求堂(国宝)

銀閣寺(慈照寺)

国宝にもなっている「東求堂(とうぐどう)」は、足利義政が日々礼拝するために建立された建物(持仏堂)です。

部屋は4つあり、その中の東にある4畳半の仏間が「同仁斎(どうじんさい)」と名付けられ、細部にまで”美”を追求した空間となっているそうです。

銀閣寺は金閣寺のような”きらびやかさ”こそないものの、床の間や茶道具、文具などに目を凝らせば、贅を尽くしたことが確認できるといいます。

先月泉(せんげつせん)パワースポット

銀閣寺(慈照寺)

「先月泉」という名前は、泉に月が映し出される時、泉のさざ波が月を洗っているかのように見えることから名付けられたと言われます。

パワースポットと言われていますので、何かお願いごとをしているのでしょうか。小銭が投げ入れられていました。

銀閣寺(慈照寺)

足利義政がお茶をたてるときに使っていたという「湧き水」。
この水を使ってお茶を楽しんでいたのですね。。。

銀閣寺の散策路からの眺望

銀閣寺(慈照寺)

散策路を進んでいくと銀閣寺と京の街並みが見下ろせる場所があります。

政治に無関心だったと言われる義政はこの銀閣寺が完成する前に亡くなっていますが、工事開始の翌年から移り住んでいたといいますから、時間は短くとも身体を休め、茶道や芸術を楽しむことができたのでしょうね。

権力の座にありながら政治に無関心。
それでもこの敷地と建物を手に入れることができたなんて羨ましいですね。

お近くにお寄りの際は、ぜひ贅沢な空間をお楽しみください♪

銀閣寺周辺の観光地
金閣寺」「仁和寺」「龍安寺」「北野天満宮」「二条城
■京都の世界遺産
上賀茂神社」「下鴨神社」「金閣寺」「龍安寺」「仁和寺」「銀閣寺」「延暦寺」「高山寺」「東寺」「西本願寺」「二条城」「清水寺」「西芳寺」「天龍寺」「醍醐寺」「平等院鳳凰堂」「宇治上神社」 ※順不同
■奈良の世界遺産
東大寺」「興福寺」「春日大社」「春日山原始林」「元興寺」「平城宮跡」「薬師寺」「唐招提寺」「法隆寺」「法起寺」「吉野・大峰」 ※順不同

銀閣寺の拝観時間、拝観料、アクセス

【訪問地】銀閣寺(慈照寺)
【所在地】京都市左京区銀閣寺町2
【電話】075-771-5725

公式URLhttps://www.shokoku-ji.jp/ginkakuji/
【拝観時間】8:40~17:10(3/1~11/30)、9:00~16:30(12/1~2月末)
【拝観料】大人500円、小中学生300円
【駐車場】普通車1,040円、大型バス2,610円、二輪車410円、自転車200円
【アクセス】車ナビに「075-771-5725」とご入力ください。
金閣寺からバス「金閣寺道」より「銀閣寺道」下車

関連記事

  1. 樹木のなまえ サルスベリ ( 百日紅 = ヒャクジツコウ )

  2. 京都北山でランチ キャピタル東洋亭

  3. 法隆寺 / 奈良 世界遺産

  4. 京都 坂本龍馬に会いに行く!明保野亭、幕末維新ミュージアムなど。

  5. 嵐山の美味しいパフェ食べに行ってきました

  6. 三室戸寺のツツジ

  7. るり渓 GRAXキャンプ場

  8. 薄化粧をした和束の茶畑 (京都府)

  9. 京都 高雄・神護寺の紅葉

  10. 【春休みのオススメ】京都・十条駅にある「 京都市市民防災センター 」。

  11. 浄瑠璃寺と石仏の道

  12. 満開!!しだれ梅と椿まつり 城南宮

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。